自分に似合う髪型はご存知ですか?~丸顔編~

人それぞれ、顔型、顔だち、雰囲気、目指すイメージによって似合う髪型も変わってきますが、今回は顔型別で似合う髪型をご紹介します。

似合う髪型~丸顔編~


そもそも丸顔の定義とは・・・?

  • 顔が丸く、ふっくらしている。
  • 顔の縦横の長さが同じくらいである。
  • 顔が大きく見られることがある。
  • 体が細くても太って見られることがある。
  • 童顔に見られることがある

丸顔の人に似合う髪型とは・・・?

  • トップを膨らませて縦長のシルエットにする!
  • 前髪に隙間を作り、顔の内側のラインをひし形にする!
  • サイドの髪で頬を隠して横幅のボリュームを少なく見せる!

横幅と縦の長さが同じくらいなのが丸顔の特徴になります。
顔をスッキリ見せるために、縦に長いシルエットを出せる髪型が一番似合うと言われています。
サイドよりもトップにボリュームを出すこと意識すれば、どんな髪型でも基本的に似合うのが丸顔の強みです。
スタイリング時にトップをふんわりさせてあげることにより縦長のシルエットが完成します。

セミロング、ロングの場合

顔を隠すことができれば丸顔が、卵型のように見えるため、セミロング以上の長さのある髪型は非常に似合いやすく、おススメです。
ボリュームのあるロングのスタイルであれば頬のラインを完全にカバーできるため、特におススメです。
カラーは髪の毛が明るいと膨張して、大きく見えてしまうため暗めの色のほうが小顔効果が抜群です。
前髪を作る場合は分けて斜めに流すような形にすると顔のアウトラインが隠れるため小顔に見せることができます。

ショート・ボブの場合

トップにふんわりとしたボリュームを出すことによって丸さが強調されなくなります。
ボブであれば、ある程度おでこの面積を出したワンレン、前下がりのボブがよく似合います。
アゴの下3~5cmほどの長さが理想です。
前髪は、センター分けにしてしまうと下ぶくれに見えてしまうデメリットがあるので、ショートの場合はサイドに流したほうが似合います。
7:3か6:4くらいでわけるのが理想です。

前髪を作るときの注意点!

ロングの場合もショートの場合も、前髪のパッツンは横幅のラインがより強調されてしまうために丸顔が一番目立ってしまいます。
分け目を作っておでこに△のラインを作ってあげることが丸顔の人には大切です。

まとめ

丸顔に似合いやすい髪型は、

  • トップにボリュームを出す!
  • 長さがあるなら頬のラインを隠す!
  • おでこに△のライン、全体のシルエットはひし形のラインを意識する!

ロングヘアでもショートヘアでもこの3点に注意しておけばどのような髪型も似合いやすくなります。
髪型にお悩みの方はこのポイントに注意してみるといいですよ!

Pocket