自分に似合う髪型はご存知ですか?~ベース型編~

自分に似合う髪型を探す女性


そもそもベース型の定義とは、、、?


  • エラ、ハチが張っている
  • 平面的で骨っぽい
  • 男っぽく見られがち
  • 顔が大きく見えてしまう

ベース型の顔の方は、骨格がしっかりしているのでクール系の顔立ちに見られます。
エラが張り気味のベース型の顔でも、ポイントをおさえればどんなヘアスタイルでも似合うようになります。


似合う髪型は?


  • トップに高さを出し、縦長のラインを作る
  • ハチ周りのボリュームは控えめに
  • エラより上にウェイトを置く
  • 前髪の幅は狭めに、横に流す
  • フェイスラインをカバーするため、サイドにカールをつけてふんわり動きを出す

エラ張り顔に似合うヘアスタイルのポイントはトップに高さを出し、ハチ周りのボリュームを控え、エラをカバーするフェイスラインの動き、そして幅が狭めの斜め前髪などです。


セミロング・ロングの場合


ベース型は、前髪の幅と顔周りの動きが小顔を叶えるカギになります。
前髪無しでも、顔周りの髪をふんわりカールさせればOKです。
髪型によってはかっちりして見えるので、ふんわりパーマで視線をエラ部分からそらした髪型が似合います。


ショート・ボブの場合


敬遠しがちなショートヘアも、トップにボリュームを持たせることでバランス良く小顔に見せてくれます。
バックのウェイトの位置をエラより上にすることですっきりとした印象になります。
前髪を作るときは、長めに切ってフェイスラインにつながるように流すとハチ、頬骨ともにカバーすることができます。


まとめ


  • 前髪の幅は狭めに作る
  • 前髪無しの場合は顔回りの髪をふんわりとカールをつける
  • トップに高さを出し、縦長のラインを作る
  • ウェイトのポイントをエラより上に置き、顔周りに動きを出す
  • 平面的に見えない様にバックはボリュームを出し立体的にする
Pocket