自然乾燥で髪をドライヤーで乾かさずに寝るとダメージにつながるのか?

お風呂上りに濡れた髪を放置して、自然乾燥していませんか?
濡れた髪のまま、眠っていませんか?
ドライヤーは熱で髪を傷めるからといって乾かさずに放置していると、逆に髪を傷める原因になってしまうのです!


なぜ乾かさずに寝ると髪が傷むのか?


濡れている髪は非常に傷みやすい状態です。
キューティクルが開いているので、放置していると髪の内部の保湿成分やタンパク質などが抜け出し、パサつきの原因になってしまいます。
さらに、濡れたままだと寝ている間に枕などにより摩擦がおこり、キューティクルが剥がれてしまうため、髪を傷めてしまいます。
濡れていなくても、ロングヘアの人などは髪と枕の「擦れ」によりダメージがつきやすいので、濡れてキューティクルが開いている状態の髪の毛であれば尚更傷みやすいのです。


髪が濡れたまま寝ると他にも悪影響が・・・


髪が濡れたままの状態で眠ると、枕や布団に雑菌や細菌が繁殖しやすいということも、髪の毛にダメージを与える原因となります。
見えない菌のせいで髪が傷んだり、お肌についてニキビなどの原因にもなります。
また頭皮にカビが繁殖してしまい臭いの原因になってしまったり、寝ている間に冷えてしまい血流の悪化にもつながります。
頭皮の血流が悪いと白髪ができやすくなったり、薄毛になりやすくといった悪影響や頭皮が臭くなってしまう原因にもなります。

頭皮の臭いに関しては”気づいた時にはもう遅いかも!早めの頭皮の臭い対策!”をご覧ください。


寝る以外にもこんなこともダメです・・・


寝てしまうわけではなくても、朝風呂派の人などは乾かさずに出かけてしまう事もあるのではないでしょうか。
ただでさえキューティクルが開いて傷みやすくなっている髪に、太陽からの紫外線はかなり厳しいダメージになってしまいます。
出かけるときに「どうせそのうち乾くから」と思わずにきちんと乾かしましょう。


まとめ


一度剥がれたキューティクルは、トリートメントでも再生することが出来ません。
オーバードライ(乾かし過ぎ)も良く無いのですが、髪と頭皮の健康を考えるのならばしっかりとタオルドライをした後にドライヤーを使用しサッと短時間で乾かしましょう!
せっかくトリートメントで髪を整えても、乾かす作業を無視してしまう事で全て台無しになってしまうのです。
濡れた髪の毛の状態が長ければ長いほどダメージの原因になってしまいます。
キレイな育毛の為にも、お風呂から出たらすぐにタオルドライをしてドライヤーで乾かしましょう!

Pocket