【まずは基礎が重要!】育毛効果を最大化する方法

育毛と髪

未来のために育毛を始めようとしても、いろいろな情報があって何から取り組んでいいのかわからなかったり、正しいと思っていたことが逆効果だったりしますよね。

本日は、育毛に取り組むにあたって最低限必要なことのみを紹介していきます。

より詳しく突っ込んだ内容は後々アップしていく予定なので、まずは基礎から学んでいきましょう!


食生活の改善


育毛に取り組もうと思ったきっかけは人それぞれ、様々な理由があると思います。

どんな理由にせよ、髪を育てるには規則正しい生活はどうしても外せません。

髪を作るためにはまず食事から髪の原料になる栄養素を摂取する必要があります。

まず髪の99%を構成しているタンパク質は外せません。

タンパク質は筋肉、血液、細胞、臓器など生命維持に必要な部分に優先的に回されるため髪の毛は後回しにされます!

髪以外にも、爪や肌も優先順位が低いため、肌荒れ、爪が割れやすいなどの症状が出ている場合はタンパク質が不足している可能性も考えられます。

他にもミネラル、ビタミンA、B群、C、D、Eなど必要なものはたくさんありますが、偏って取るのではなく、バランスの良い食事を心がける必要があるため外食やコンビニ弁当で食事を済ますのではなくなるべく自炊をするなどの努力は必要になってきます。


良質な睡眠を取る


次に睡眠の取り方、質も重要です。

ただ気の向くままに睡眠をとるのではなく改善すべきポイントがいくつかあります。

  • 必ず食事を取ってから寝る
  • 食事をとってから寝るまで2時間ほど時間をあける
  • 自分に合った睡眠時間を確保する
  • 寝る前のスマホを控える

この4つは早く改善したほうが良いでしょう。

まず食事をとっておかなければ睡眠時に体、髪などの修復に使う栄養が不足してしまうため、効果が落ちます。

そして食後2時間程度は消化のために胃や腸が活動しているため睡眠の質が落ちてしまいます。

睡眠時間は個人差があるので自分がもっとも調子のいい睡眠時間を探しましょう。

寝る前のスマホ使用は交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなるため、睡眠の質を低下させる原因となっています。

生活スタイルによってはすぐに改善できない部分もあると思いますが、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。


頭皮の状態を知る


まずどのような頭皮状態が健康なのか正確に知っておきましょう。

最初は硬さからです。

ただやわらかければいいわけではありません。

生まれ持った硬さの違いは存在しますが、

  • 押しても弾力がない
  • 全く動かない
  • 皮膚に厚みを感じず、骨を触っているような感覚

このような頭皮は健康な状態ではないでしょう。

次に頭皮の色も非常に重要な健康状態を判断することができるポイントです。

スマホのカメラなどで一度自分の頭皮を撮ってみましょう。

※つむじは日焼けなどの影響を受けているため色が他の場所と異なることがあるためつむじ以外の部分を撮るほうがおススメです。

青白い色をしていた方は頭皮が健康な状態です。

理想的な頭皮環境といえるでしょう。

黄ばみを感じる色をしていた場合は、頭皮の老化、皮脂の酸化、ストレスが溜まっている、寝不足などが考えられます。

強いくせ毛が増えた、髪がパサつく、まとまらないといった変化を感じる場合は頭皮の老化現象であるカルボニル化と言われる現象が起こっている可能性が高いです。

臭い、べたつきをよく感じるのであれば、ストレス、寝不足等により新陳代謝が乱れ、皮脂が酸化しています。

放置しておくと雑菌が繁殖し、炎症を起こしたり、毛髪の成長を阻害するので注意が必要です。

次に色が赤い場合はかなり注意が必要です。

炎症が起こっていたり、血流が悪化し滞り充分に栄養が行き届いていない状態です。

炎症がひどい場合や痛みを伴う場合は直ちに皮膚科で診察を受けましょう。


頭皮を健康な状態へと導くのに必要なこととは?


  • シャンプーを自分にあったものに変える
  • 適切な方法でマッサージをする
  • ストレスをため込まない

この3つから初めは取り組んでいきましょう。

シャンプーが自分にあったものでないと乾燥、もしくは脂性に傾いてしまい、フケ、臭いなどを引き起こしたり、汚れが落ちきってなかったり、逆に汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまう危険性があります。

人それぞれ頭皮の状態は違うため口コミなどを見て安易にシャンプーを決めてしまうのはあまりお勧めできません。

美容師など、あなたの頭皮状態を見たうえでアドバイスをできるプロの意見を取り入れたうえで選ぶほうが確実でしょう。

次に適切な方法でマッサージをすることが必要です。

力を入れすぎず、ブラシのような先端が細いものなどを使用せずにしましょう。

※マッサージに関しては後に詳しく説明する記事をアップします。

そしてストレスをため込まない生活をしましょう。

ストレスは頭皮の老化だけでなく、活性酸素というものを体内で発生させて、全身の老化を進めてしまいます。

老化してしまったものを戻すは非常に難しく、相当な努力が必要になります。

未然に防ぐほうがよっぽど簡単で、可能性が高いのです。

自分にあったストレス解消法を見つけたり、ストレスの原因になるものを避けてみましょう。


まとめ


育毛に取り組むにあたってまずは生活習慣に問題があった場合、いくら良い商品を使っても効果が出ない可能性が大いにあります。

もしかすると、自ら髪の毛が育ちにくい環境を作り上げているのかもしれません。

生活習慣の改善だけで効果が出ることもあります。

何か物に頼る前に一度食事や睡眠についてゆっくり見直すのはいかがでしょうか?

Pocket