ダブルカラーで外国人風の髪色をGet♡

ブリーチしている外国人の髪

外国人風カラーに憧れる女性の方は年齢問わず幅広くいらっしゃるのではないでしょうか?
その透明感はダブルカラーで作ることが出来ます。


外国人風の髪色に近づける為のダブルカラーとは


ダブルカラーは、ブリーチした後にカラーリングするという2段階のプロセスでカラーリングする方法のことを言います。
髪の毛にある「メラニン色素」をブリーチした後、お好みのカラーを入れることによって
外国人風のアッシュやブロンドなどをより明るく、イメージに近い髪色に近づけることが出来ます。

ブリーチ+カラーの2段階のプロセスが必要な為、髪への負担は少なくありません。


そもそも、ブリーチとは?


ブリーチとは、髪の色素を抜く脱色剤のことです。
日本人の髪は真っ黒なので、そのまま色をつけてもほとんど見えません。
色を抜くと灰色になるわけではなく、時間によって黒→茶色→赤茶色→オレンジ→黄色→白と、段々と色が抜けるようになっています。
1回のブリーチでどこまで明るくなるのかは、その人の髪質やブリーチ剤の強さによって変わります。
どこまで明るくしたいかによって、ブリーチする回数を調整します。

よく混合しがちである“ヘアカラー”
メラニン色素を抜いて色味を入れるという考えはヘアカラーに近いものがありますが、一般的なヘアカラーではダブルカラーのような明るい髪色を出すことはできません。
髪の色を白色に近づけたい時は、黒い髪の毛に赤や青といった色は入らないので脱色してから色を入れます。


ダブルカラーのメリット・デメリット


メリット

  • 柔らかい色・透明感が出る。
  • 明るくなる。
  • ブリーチでしか出ない色がある

ダブルカラーの最大のメリットは、「幅広い範囲の色をキレイに出す」ことが出来る事です。

デメリット

  • ブリーチを一度したらとてもダメージが大きい。
  • ダメージが大きい為、パーマや縮毛矯正がかかりにくくなってしまう。
  • 根元が伸びてくると目立つのが早い。
  • 色は綺麗に入るものの、通常よりも圧倒的に色が落ちてしまうのが早い。

髪のダメージが蓄積している方、パーマなどを定期的にかけている方にはあまりお勧めできません。


ダメージを抑えたダブルカラー


全体的にブリーチをしなくても、デザイン的にブリーチをする場合があります。
おしゃれ+無駄な場所をブリーチせず傷ませないことがダメージを抑えることに繋がります。

例えば、

  • インナーカラーなどでアクセントに明るくする。
  • グラデーションで毛先だけ明るくする。
  • ハイライトを入れてで明るくする。

などの方法があります。
ハイライトを使った外国人風カラーに興味がある方は3Dカラーで外国人みたいでおしゃれなモテ髪がGet出来る!を、グラデーションカラーに興味のある方はやっぱりおしゃれ♡まだまだ人気のグラデーションカラーが気になる!をご覧ください。
ブリーチをしていない所は普通の明るさなので色が早く抜けることも無く、全体をブリーチするわけではないので根元が伸びてきても目立たないようになります。

まとめ

ブリーチをしてカラーリングをすることで希望通りのヘアカラーに染めることが出来ます。
きちんとケアをすればブリーチを使ったダブルカラーも怖くありません。

Pocket