美容院のシャンプーと市販のシャンプーの違いとは?

美容院のシャンプー

美容院で販売されているシャンプーとドラッグストアなどで販売されているいわゆる市販のシャンプー。

大まかに言ってしまうと、成分が非常に高品質で高価なものであったり、特定の髪質、頭皮の状態のケアに抜群の効果を発揮するのが美容院で売られているシャンプーの特徴で、誰でも一定の効果を得ることができるように設計されているのが市販品のシャンプーの特徴です。

では具体的に成分などにどのような違いがあるのか見ていきましょう。


界面活性剤に大きな違いがある!


洗浄成分としての役割をもつ界面活性剤。

シャンプーについて調べたことがあればラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが髪や頭皮に悪いという情報を見たことがあるかもしれません。

このラウリル、ラウレス硫酸Naという界面活性剤は非常に安価でなおかつ、泡立ちがよく、強い洗浄力が特徴です。

市販のシャンプーの洗浄成分として一番使用されている界面活性剤でもあります。

デメリットとして頭皮への刺激性、髪の毛へのダメージが強いといった問題があります。

つまり市販のシャンプーはどんな汚れでも落とす、泡立ちがよく使いやすいといったメリットがあります。

しかしカラーやパーマまで一緒に落としてしまう、乾燥肌、敏感肌の人には洗浄力、刺激性ともに強すぎるといったデメリットがあります。

美容院で売られているシャンプーにもラウレス、ラウリル硫酸Naが使用されていることがありますが、美容院のシャンプーで使用されるアミノ酸系の界面活性剤だけではスタイリング剤や過剰に分泌された皮脂など、取り切れない汚れが出てしまったり、泡立ちが悪くなってしまうことがあるため、混ぜて使われることがあります。

つまり、美容院で売られているシャンプーは、洗浄力の優しいアミノ酸系界面活性剤と混ぜることで、ラウレス、ラウリル硫酸Naの刺激性、髪へのダメージを抑え、泡立ちの良さと適度な洗浄力を作り出しています。

アミノ酸系の界面活性剤ではココイルグルタミン酸NaやラウロイルメチルアラニンNaがよくつかわれています。

他にもたくさん種類がありますが『ココイル~』、『ラウロイル~』といった表記があればほとんどがアミノ酸系の界面活性剤です。

低刺激、優しい洗浄力、保湿力、ダメージ補修効果があるので非常に美容院のシャンプーでよく使われています。

ただデメリットとして価格が高い、洗浄力がアミノ酸系だけでは少し物足りないといった部分があげられます。

カラー、パーマをしている人や頭皮に悩みのある人は美容院で売られているシャンプーを使用するほうがいいでしょう。


美容院のシャンプーには髪のダメージケア成分、頭皮のケア成分が含まれている


まず市販品と美容院のシャンプーには目的に違いがあります。

市販品のシャンプーには、誰でも使いやすく、汚れをしっかりと落とす。

美容院のシャンプーは、髪の毛、頭皮のケアをし、汚れもしっかり落とす。

このような違いがあります。

このため市販品には強い洗浄力と泡立ちの良さが重視されます。

また髪が傷んでいるとからまり、洗いにくいためシリコンがシャンプー時の摩擦を和らげて洗いやすくしてくれています。

つまり髪と頭皮を洗うため、どんな汚れでも落とし、すごく簡単に泡がたつのが市販のシャンプーです。

それに対して美容院のシャンプーでは髪と頭皮を洗うのに加えて、髪のダメージケア、頭皮環境の改善を目的としているため、栄養分が非常に豊富に含まれています。

この栄養分が豊富に含まれている分、市販品に比べ、界面活性剤の量が少なくなるため若干泡立てが難しいものがあったりします。

つまり、髪と頭皮を洗いながらカラーやパーマのもちをよくし、きれいな髪、健康的な頭皮を作るのが美容院のシャンプーです。

ヘアダメージ、頭皮の状態が気になるのであれば美容院のシャンプーを選ばなくては根本的な解決は難しいと思います。


まとめ


しっかりと髪と頭皮のケアをするのであれば、美容院のシャンプーを使用し、ただ頭と髪を洗うだけでいいのであれば市販のシャンプーを使用するのがいいと思います。

ただし、毎日使用するものなので、美容院のものを使ってきた人と市販のものを使用してきた人では40代以降にあらわれるエイジング毛(折れるようなくせやパサついて広がる髪)の症状に大きな差が出てくるとは思います。

自分のライフスタイル、将来の自分の髪を考えて選びましょう。

Pocket