3Dカラーで外国人みたいでおしゃれなモテ髪をGet!!

外国人風3Dカラー

外国人風の髪色にするには、ダブルカラーグラデーションカラー、3Dカラーなど様々なデザインカラーの方法があります。

美容院のメニューでも見たことあるけど3Dカラーって一体なに?

3Dカラーとは、デザインカラーの一種でベースカラーにハイライト・ローライトを筋状に入れて立体感を出すことで、単色カラーよりも動きのあるヘアスタイルができる、かつ憧れの外国人風でおしゃれな無造作ヘアを叶えることができます。


そもそもハイライト、ローライトってなに?

どちらもベースのカラーとは別に筋状にカラーを入れるテクニックのことです。

ハイライトとは

ブリーチやベースとなる髪の毛よも明るいカラーを筋状に入れるカラーリングのことです。

ハイライトは、髪の毛全体を染めるのではなく、部分的にカラーリングを行います。ハイライトを入れることでヘアスタイルにメリハリをつける効果が期待できます。

ハイライトの入れ方によっても、イメージを自在に変えることが出来ます。
太めに入れるとアクセントになり、細く入れるとナチュラルなイメージを作ることが出来ます。

髪の毛の動きをより大きく見せたい方、立体的なヘアスタイルにしたい方に、ぴったりのカラーリングです。

全体ブリーチする勇気が無い、、、という方にもとてもお勧めです!

ローライトとは

ハイライトとは逆で、ベースカラーよりも暗い色味を部分的に入れて立体感を作ります。

ポイント的に暗い色を入れて意図的に影を作ることによって、スタイルに深みや奥行きを与え引き締まったイメージに仕上げることが出来るので小顔効果が期待できます。

ハイトーンなカラーリングの髪にもローライトを入れることで派手すぎず、落ち着いた雰囲気を出すことが出来ますよ。

プリンが目立ちにくいのもローライトのメリットです。


ハイライト+ローライト=3Dカラー


ハイライト・ローライトどちらも入れることでより立体感を出すことが出来ます。

ロングへアは、巻くのが苦手でもワックスを揉みこんだり、シンプルにポニーテールやお団子にするだけでもカラーで動きが演出できるので、スタイリングも楽ちんです。
流行りのラフな外国人風ヘアアレンジとも相性抜群!
軽くほぐすだけで束感が出ます。

動きの出しにくい重ためボブなどのヘアスタイルも、3Dカラーにすることでくしゃっと動きを出しやすくなります。

ロングヘアやボブだけでなく、ショートヘアにもよく似合うデザインカラーです。
立体感が重要なショートヘアも、3Dカラーにすることで簡単に動きと束感を出すことが出来ますよ!

束感が出やすく、ボリュームが出て見えやすいので小顔効果もあり、猫毛でボリュームが出にくい方にもお勧めです。


まとめ


昔から立体的に見せるテクニックとして人気がありましたが、海外のモデルさん達が3Dカラーにしていることで再び注目されているデザインカラーです。
なによりスタイリングが楽ちんなのが嬉しいですね。

単色カラーに飽きてしまったなら、3Dカラーにしてみるのはいかがですか?

Pocket