【一度はやってみたい!】自分の顔にぱっつん前髪を似合わせる方法

ぱっつん前髪

前髪を切るか、切らないか、、、

女性なら一度は悩んだことがあると思います。

前髪を切るだけでかなり印象が変わるので、「似合わなかったらどうしよう、、、」とか慎重に考えてしまいますよね。

今回は、「顔が思いっきり強調されてしまう為、一見難しそうに思える」ぱっつん前髪を似合わせる方法をご紹介します。

自分の顔型にぱっつん前髪は似合う?似合わない?

「面長」で顔の長さが気になる、、、

顔の縦幅が目立つ面長の輪郭には、「横幅を強調するぱっつん前髪がよく似合います。」

特に眉下で目にかかる少し長めのぱっつん前髪は、「小顔効果」が出てお勧めです。

では、反対の「丸顔」だとぱっつん前髪は似合わないの?

そんなことはありません。

丸顔の場合は、前髪の量を多く取り過ぎないようにして、

「サイドを長めに残すか、幅を狭めに作ってあげれば」似合うぱっつん前髪にすることが出来ます。

幅を気をつければ眉上の可愛らしいぱっつん前髪もよく似合いますよ!

「エラが張っている」から前髪を作らずに隠したほうがいいのでは?

エラが張っている「ベース型の輪郭」の場合、

「重めのぱっつん前髪は、顔の横幅を強調させてしまう」ので、

丸顔と同様に、「量を多く取りすぎないようにして、少し隙間を作っておでこが見えるようにしてあげる」と、

ぱっつん前髪でも少し軽い印象に見せることが出来ます。

流行りのシースルーバングもよく似合いますよ!

「逆三角形の場合」は、重めの前髪より量が少なめの短い前髪が似合います。

重めのぱっつん前髪は、細いアゴを強調してしまいます。

思い切って「眉上の前髪にして、顔の縦幅を広げる」とバランスがとれて良いです。

ということで、

どんな顔型でもぱっつん前髪を似合わせることは出来るのです。

自分は「ぱっつん前髪が似合わないから、、、」と諦める必要はありませんよ!

まとめ

前髪無しの状態から「前髪を作る事」は、とても勇気がいりますが、

髪の長さは同じでも、それだけで雰囲気を大きく変えることが出来ます。

ぱっつん前髪にしようか迷っている人は、

どんなぱっつん前髪が自分に似合うかを参考にしてみて下さい!

Pocket