気をつけて!紫外線が及ぼす頭皮への影響

紫外線

夏になると日焼け気になりますね。
シワ、シミ、たるみの原因となる恐ろしい紫外線。お肌はUVカットの日焼け止めクリームなどで予防する方が多いのですが、頭皮のケアをお忘れではないですか?
頭皮の日焼けは薄毛や白髪の原因になる恐ろしいものなのです。


紫外線が頭皮に及ぼす恐ろしい影響


女性にとって紫外線は老化の原因にもなってしまう恐ろしいものですよね。
お肌の日焼け対策はバッチリ!でも、頭皮は忘れがちになっている方が多いのではないでしょうか。

しかし、最も太陽に近く直射日光に当たりやすい頭皮は、浴びる紫外線がお肌の2倍以上と言われており、抜け毛、薄毛、白髪、そしてかゆみやフケの原因となる恐ろしいものなのです。

髪の毛は、傷んでいるという感覚を自ら察知することができますが、頭皮はダメージを実感しづらい部分でもあります。
強い日焼けでヒリヒリと頭皮の異変に気付くことができれば今後予防やケアすることが出来るので幸いですが、何も気付かず紫外線のダメージを受け続け対策が遅れてしまうと徐々に頭皮の細胞が破壊されてしまいます。

紫外線は頭皮の細胞に影響を与えます。
特に、髪を作る毛母細胞がダメージを受けると 抜け毛、薄毛、白髪を引き起こします。

毛母細胞とは髪の毛を作る細胞のことで、毛乳頭付近にあり毛乳頭からの栄養や酸素を受け取り健康な髪の毛が作られています。
しかし、紫外線が頭皮にあたると、活性酸素を多く作り出し毛母細胞の動きが鈍くなります。動きの鈍くなった毛母細胞は、健康な髪の毛を作り出せないため薄毛の原因となります。
活性酸素が多くなりすぎると頭皮が硬くなり、抜け毛や薄毛の原因になると言われています。

また、毛根には髪を黒くする細胞がありますが、紫外線のダメージで細胞が破壊されると白髪発生の原因となってしまいます。


そんな恐ろしい頭皮の日焼けを防ぐには


紫外線そのものが当たらないようにすることが一番の防止策です。
外出の際はできるだけ日傘や帽子を被るといいでしょう。

また、頭皮用の日焼け止めを使用するのもお勧めです。
頭皮用のものや髪の毛と兼用できるUVカットの日焼け止めスプレーなどを日傘や帽子が使えない時に使用すると頭皮の日焼けを防止することが出来ます。


日焼けしてしまった頭皮には


夏場は日差しが強く紫外線のダメージが大きいので、ヒリヒリしたりかゆみが出てしまった頭皮は肌の日焼け同様に冷やすことが大切です。日焼けは軽い火傷のようなものなので、温度を下げて皮膚を休めてあげるといいでしょう。

日焼けした頭皮は乾燥しており、それが原因でかゆみがでる場合があります。あこちらもお肌と同様に保湿が必要です。化粧水などでしっかりケアをお忘れなく!


まとめ


日々気付かないうちに頭皮はダメージを受けています。
頭皮は、髪を育てる元となる部分なので、その頭皮がダメージを受けるのは髪以上に重大な問題です。
健康な頭皮を維持するために、目に見えている肌だけでなく、頭皮の日焼け対策を忘れない様にしましょう。

Pocket