わたしだけ?いつも右の髪の毛だけハネてしまうんです。

毎日右側の髪の毛だけハネてしまう。という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

同じところだけクセがついているし、直してもなかなか真っ直ぐにならない。。。

それにはきちんと理由があるのです。


いつも右側だけ!なぜ片方だけハネしまうのか。


いつも片方だけ、しかもいつも同じところがハネてしまうことがありませんか?

その原因はつむじにあり、天然のクセやハネてしまうほとんどの原因となっています。
日本人の多くは反時計回りにつむじが流れており、その割合は全体半分以上にのぼります。そのためほとんどの人の髪全体が右に流れ、右の髪の毛がハネやすくなるのです。

逆に、つむじが時計回りの人は左側がハネてしまうことになりますね。

また、つむじの流れの影響で髪がハネるだけでなく、パーマにも影響してしまいます。
右側だけパーマがとれやすい。とう経験のある方はつむじの生え癖や流れが関係しているかもしれません。

きつめのパーマの場合はそれほど関係しませんが、今っぽいゆるふわなパーマはまず右側から取れてしまうのではないでしょうか。


片方だけハネてしまう嫌なクセを防ぐには


ハネる原因がつむじにあるのがわかっただけでは意味がありません。

いくら毛先を直しても直らないハネてしまうクセの原因は、つむじの流れで根元が潰れてしまっていることにあります。
流れに沿ってスタイリングするとボリュームも出ずペタンコな仕上がりになってしまいます。

毛先のハネるクセを直すして自然なボリュームを出すためには、ドライヤーでの乾かし方が重要になってきます。

髪を乾かすときにドライヤーを前から当てている方が楽なのでそのように乾かしている方は、かなりの確率で毛先の仕上がりがハネてしまっていませんか?
ドライヤーを使用する際は、後ろから前に向かって乾かしましょう。
(下を向いてドライヤーを当てるとやりやすいです。)
根元が乾いたら、あとは全体を適当に乾かし半乾きになったら、上から毛先に向かってドライヤーの風をあててみてください。
自然に内に入った仕上がりになるはずです。

ハネている部分だけを濡らしてドライヤーをあてたり、乾いた後にアイロンで直そうとしてしまいがちですが、つむじによる髪の流れが原因なのでその行為はただ傷むだけで意味がありません。
髪全体が濡れている状態で毛先から乾かしても同じ結果で終わってしまいますので注意しましょう。


まとめ


いつも同じところばかりハネてしまうのがお悩みの方は、まずドライヤーの乾かし方を見直してみましょう。

ヘアスタイルがペタンコになってしまう方も、毛流れに逆らう様にスタイリングするとふわっとボリュームが出やすくなりますよ☆

Pocket