覚えておきたい!黒染めをした後の次回のカラーへの影響

就活や実習も終わったことだし髪を明るくしようとしているあなた!
黒染めしてから時間も結構経っているし、普通にカラーをしようと思っていませんか?
一度でも黒染めの経験があると、次回以降のカラーにかなりの影響が出てしまいます。


ヘアカラーが明るくならないのは過去にした黒染めが原因かも。


黒染めしてから数か月経っていてもまだしっかり色が残っている場合は、黒染めの色素が残っている状態なので一度ブリーチ(脱色)を施さないと明るくするのが難しいのです。
さらに、ブリーチ(脱色)をしても色素が抜けない頑固な黒染めの場合もあり、ただ髪の毛がダメージを受けてしまうだけになってしまいます。

一般的に言う黒染めは白髪染めと同様の薬剤を使用するのですが、一度白髪染めをすると伸びてきた根元以外は明るくなってくることはあっても白に抜けきることはほとんどありません。
それ程強い薬剤を使用していることになります。

その為、黒染めも白髪染め同様に色素が非常に抜けにくくなります。

それ程黒染めは次回からのヘアカラーに影響が出てしまう厄介なものなのです。


次回からのヘアカラーに影響が出ない様にするには?


でも黒染めしないわけにはいかないし、、、
といった状況もよくわかります。

まず、セルフカラーはお勧めできません。

美容院でのヘアカラーよりも手頃で手軽に出来ますが、必ずと言っていいほどムラになってしまいます。

美容院でのヘアカラーの場合は、髪質、髪の状態、根元や毛先などで薬剤を塗り分けて全体を均等な色に仕上げているのですが、
セルフカラーの場合はそれが難しく、一見キレイに黒く染まっていても、場所によって染料の入り方が違います。
その為、髪の場所によっての染料の入り方の違いが明るくしたときにムラになってしまうのです。

一度ムラが出来てしまうと、完全に取り除くのは美容師でもとても難しい技術です。

そして明るくカラーする場合、セルフカラーでも美容院でしたのも関わらず過去に黒染めをした経験があればのが1か月でも半年経っていても必ず自己申告してください。
分からずにそのままカラーをしてしまうと根元だけ染まって毛先だけ暗いといった結果になりかねません。


まとめ


仕方なく黒染めをしなければならない場合は、美容室で相談することをおすすめします。
黒染め後に明るくする場合は、その後のデメリットをしっかりと把握したうえで施術しましょう!

Pocket