自分に似合う髪色ってどうやって選んだらいいの?本当に似合う髪色の選び方☆

自分に似合う髪色がわからない!
ぴったりな髪色が知りたい!
お客様からもそのような悩みや質問を時々伺うことがあります。
そのような悩みをお持ちのあなたに、様々な観点から似合うヘアカラーを紹介します。


パーソナルカラーで選ぶ似合う髪色


「パーソナルカラー」という言葉を耳にしたことはありますか?
簡単に説明すると、その人の生まれ持った色(肌・髪・頬・唇など)と似合う色のことです。
人それぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違います。

パーソナルカラーの特徴の違いは、イエローベース(春・秋)とブルーベース(夏・冬)に分けられます。

【イエローベースの特徴】

Spring(春)タイプ

  • 肌の色・・・アイボリー・ベージュ
  • 瞳の色・・・ライトブラウン くすみのないはっきりと澄んだ色味

Spring(春)タイプに似合うヘアカラーは、赤みを抑えた明るめの色です。
ベージュ、黄味のブラウン、オリーブ(緑)系などがよく似合います。

Autumn(秋)タイプ

  • 肌の色・・・ウォームベージュ
  • 瞳の色・・・ダークブラウン

Autumn(秋)タイプに似合うヘアカラーは、赤味を抑えた、やや明るい色~暗めの色です。
緑~黄味寄りのブラウン、アッシュ系、オリーブ(緑)系などがよく似合います。

【ブルーベースの特徴】

Summer(夏)タイプ

  • 肌の色・・・ピンクベージュ・ブルーがかったくすみのあるベージュ
  • 瞳の色・・・ローズ・ダーク・グレイッシュなどくすんだ色味のブラウン

Summer(夏)タイプに似合うヘアカラーは、やや赤みのある明るい色~暗めの色です。
ローズ・ピンク系のベージュ、明るめのアッシュブラウン、少し暗めのブラウン系などがよく似合います。

Winter(冬)タイプ

  • 肌の色・・・頬の赤味がわかるホワイトベージュ
  • 瞳の色・・・こげ茶・黒など白目とのコントラストがはっきりとしている

Winter(冬)タイプに似合うヘアカラーは、やや赤みのある少し明るい色~暗めの色です。
赤味のあるブラウン、バイオレット系、ワインレッド、アッシュブラウン、そして黒髪が最強によく似合います。

パーソナルカラーによる自分に似合うカラーが分かると、

  • 肌がキレイに見える
  • 顔色が良く見える

といった効果があります。

自分に似合うカラーがわからない場合は、パーソナルカラーで選ぶといいのではないでしょうか♪


顔立ちメイクなどで選ぶ似合う髪色


顔立ちやメイクなどによっても似合いやすい髪色があります。

【ソフトな顔立ちやメイクをしている場合】

元々の顔の印象がソフトな(女性らしく、顔立ち・パーツが丸い顔)にはピンク系や明るめのアッシュ・ベージュ系、オレンジ系などが似合いやすくなります。

ピンク系・・・可愛らしい・女性らしい・優しい印象
明るめのアッシュ・ベージュ系・・・華やか・さわやかな印象
オレンジ系・・・元気・キュート・若々しい印象

【シャープな顔立ちやメイクをしている場合】

反対に、シャープな印象の顔立ち(キレイ目な顔立ち・パーツに直線が多い顔)やアイラインで目じりをハネ上げたようなメイクには、やや暗め~暗めのベージュ系、アッシュ系、グリーン系(マット系)などが似合いやすいです。

ベージュ系・・・都会的で華やかな印象
アッシュ系・・・(ダークトーン)クールな印象・(ハイトーン)優しい印象
グリーン系・・・知的・大人っぽい印象

色味は、明るさよりも柔軟性が高いので、自分のなりたいイメージから選ぶのもいいでしょう♪


ヘアスタイル別で選ぶ似合う髪色


同じヘアカラーの色味でも、ヘアスタイルによって全然見え方が違いますよね。
どの髪型でも特に合わない髪色はありませんが、ヘアスタイルによって色味や明るさを変えるとどのような印象に見えるのかを紹介していきます。

【ショートヘア】

黒髪のショートヘアは、THE 正統派!清純派漂う雰囲気と、落ち着いた雰囲気があるので好感ももちやすくなります。
重めのぱっつん前髪などと合わせると幼い印象になるのでそれを避けたい方にはあまりおすすめできません。

ショートで明るめの髪色は、一番元気で明るい印象を与えやすくなります。さらに、おしゃれな雰囲気をGet!!

【ロングヘア】

ロングヘアの場合、色味にもよりますが明るい髪色は派手な印象になりやすくなります。

ロングはツヤがあるとキレイな髪に見せることができるので、暗めの色、ピンクやレッド、ブラウン、バイオレット系のツヤの出やすい色味がおススメです。


まとめ


着る服の色を選ぶ様に、ヘアカラーを選ぶ時も肌の色や瞳の色で似合うカラーを選ぶことができます。
肌の色や瞳の色でヘアカラーを選ぶと、顔色を良く見せるといった効果があります。
しかしそればかりにこだわる必要は無く、ヘアカラーはその人の雰囲気やヘアスタイル、普段着る服などで似合う色は変わります。

肌の色や瞳の色でヘアカラーを選ぶのも一つの選択肢ですが、流行りのカラーやその季節に合わせたヘアカラーにするのも気分が変わっていいものですよ^^♪

Pocket