【本当に大丈夫!?】炭水化物抜きダイエットの副作用

最近では一般的なダイエットとされる「炭水化物抜きダイエット」。

炭水化物を食べないという簡単なダイエット方法なので、

試したことがある方も多いはず。

しかし、実は「炭水化物抜きダイエット」が、

抜け毛や肌荒れの原因になっていることをご存知でしょうか?

今回は、「炭水化物抜きダイエット」に成功したけれど、

その影響で抜け毛や肌荒れが気になり始めたという方のために、

炭水化物抜きダイエットの副作用についてご紹介します。


炭水化物と髪や肌の関係


炭水化物といえば、

お米やパン、麺類、イモ類などに該当する食べ物に含まれる栄養素です。

炭水化物が体内で消化酵素によって分解されると、「ブドウ糖」になります。

このブドウ糖が肥満に繋がるとされ、

「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」などとして、

主食を食べないダイエット方法が行われています。

確かに、炭水化物はカロリーが高いものも多いため、

ダイエットのために控えるというのは理にかなっているようにも思えますが、

体を正常に動かすためのエネルギー源としての働きを担っている

「炭水化物を制限してしまう」ことで、

栄養が全身に行き渡らず辛くなったり、

エネルギー不足で活力が出なくなったりといったトラブルが起こります。

すると、髪や肌に回すはずだったエネルギーを脳や心臓など、

身体維持に必要な部分に回すことになります。

また、炭水化物が不足していることによる、

「憂鬱感」や「ストレス」が抜け毛や肌荒れに繋がることもあります。


AGEにより抜け毛や肌老化も起こる


しかし、炭水化物をぬく事が、

必ず抜け毛や肌荒れに繋がる訳ではありません。

炭水化物によってできる「糖質」と「タンパク質」が統合することで、

「AGE(糖化反応最終産物)」という物質が生まれます。

これは、究極の老化物質と呼ばれ、

お肌や髪の老化を進めてしまうと言われているものです。

AGEが増えると、タンパク質で出来た血管や筋肉や肌は変性してしまい、

「老化」していきます。

という事は、炭水化物を摂取することでも、

AGEが増加し、抜け毛や肌老化に繋がるので、

一概に「炭水化物を抜く事が抜け毛や肌荒れを進行させる」とは言い切れません。


肥満解消により抜け毛や肌荒れが抑制される事もある


違う例として、

炭水化物を抜く事により、ダイエットに成功し、

抜け毛や肌荒れがなくなったというケースもあります。

肥満は、「皮脂の過剰分泌」や「血管の老化」を引き起こしてしまいます。

炭水化物を抜くことで肥満が解消され、

体が健康を取り戻し、

髪や肌にとって良い効果が出たということです。

しかし、これはあくまでも

「元々がかなりの肥満であった人」の場合に該当するケースで、

それほど太っていない人の場合は、

やはり「炭水化物抜きダイエット」によって、

髪や肌に得られるメリットよりは、

デメリットの方が多いと考えられます。


炭水化物とブドウ糖


炭水化物は脳が正常に働くのに必要な栄養素であり、

これがないと身体は、

「筋肉や脂肪、髪や肌」からエネルギーを取り出すことになります。

これらの分解行為は、

身体の中心部よりも遠いところから行われる為、

髪が真っ先に影響を受けてしまいます。

そうなると髪はボロボロになり、

エネルギー不足のため栄養分も届かなくなります。

髪の毛の主な成分が「タンパク質」です。

炭水化物とは関係ない気がしますが、

炭水化物抜きダイエットを行うと、

食事から摂取されない「ブドウ糖」をなんとか体内で作り出そうと、

「タンパク質」がその材料として使われます。

そして、その「タンパク質」が調達されるのが主に「筋肉」。

体を動かす為に必要な「筋肉」を分解してまで、

かき集めている貴重な「タンパク質」を

生命維持のために必ずしも必要でない

「髪の毛」にまで供給する余裕はないので、

その結果、髪にまで「タンパク質」が行き渡らなくなり、

薄毛に繋がるという訳です。


ダイエット中に髪や肌を健康に保つには


「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」を始めてから、

抜け毛が肌荒れが増えたと悩む女性は多く、

その理由としては、これらのダイエットが

「非常に効果の出やすいダイエットである」

という事にあります。

炭水化物抜きダイエットを始めて、

数か月で10キロ以上の減量に成功したケースもあります。

このように短期間で急激な体重減少があった場合には、

ホルモンバランスが乱れてしまい、

抜け毛や肌荒れの副作用が見られがちです。

10キロ以上の減量をされた方は特に注意しましょう。

さらに糖質制限を行うので、タンパク質の摂取も少なくなります。

それに気が付かないまま放置しておくと、

髪や肌のターンオーバーがされなくなります

一般的に髪の潤いや肌を美しく保つのに必要な

「ミネラルやビタミンなどの摂取」も少なくなります。

糖質制限を始めてから、

抜け毛や肌荒れが増えたと実感する場合は、

食事内容を見直してバランスよく栄養を補いましょう。

【髪と肌に良い食品や栄養素】

ダイエット中は食事制限を行うことが多いため、

何かと栄養不足になりがちです。

「大豆などの植物性タンパク質」を積極的に摂ることで、

髪や肌に必要な「必須アミノ酸」を補給しましょう。

豆腐や納豆、豆乳などから摂る事が出来ます。

また、「牛乳」を飲むことで

髪の毛や肌を作り出す力を促進する「ビタミンB2」を補給出来ます。

身体を冷やさない上では、常温や温めて飲むのがお勧めです。

また血行を良くしてくれる「ビタミンE」などを含む「アーモンド」なども有効です。

食事で摂り切れない栄養素は「サプリメント」で補うこともできます。

特に良いのは「亜鉛、タンパク質、ビタミン、ミネラル」など。

亜鉛は、食べ物では牡蠣やレバーに多く含まれている栄養素です。

普段の食事ではなかなか摂れないことが多いので、

サプリメントがおすすめです。

ビタミンなどもサプリメントを活用してうまくバランスをとりましょう。


まとめ


「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」のような

極端なダイエットは、髪や肌だけでなく、

体の健康も害してしまう可能性があります。

お米を全く食べないというのではなく、

お茶碗に盛る量を減らす程度でも、随分と摂取カロリーは変わります。

抜け毛や肌荒れ対策の為には、炭水化物を摂らないという

「偏ったダイエット」を行うよりも、

腹八分目を目指すほうが身体にも負担がないのです。

健康的な美しい髪や肌を保つためにも、

栄養の偏ったダイエットは控えるようにしましょう。

Pocket