頭皮の乾燥の原因と対策!~かゆみやフケをなくしたい・・・~

冬は頭皮や髪が乾燥しやすくなる季節です。
頭皮が乾燥してしまうと、フケや抜け毛、強いかゆみや湿疹を引き起こす原因にもなってしまいます。
乾燥した頭皮を改善するためにはどのような対策が必要なのか学んでいきましょう。


頭皮のが乾燥する原因とは・・・


頭皮の乾燥には様々な原因があります。
主な原因として挙げられるのは、

  • 季節や空気
  • シャンプー、シャワーの温度
  • 紫外線
  • エイジングによるもの

これらの影響により頭皮が乾燥した状態になってしまいます。
まず季節や空気によるものですが、夏よりも冬のほうが乾燥しやすいのは容易にイメージできると思います。
冬の湿度は夏の半分ほどになるだけでなく、暖房により屋内ではさらに水分を奪われるため非常に地肌が乾燥しやすい季節になっています。
他の季節よりも特に冬場は念入りなケアが必要となります。
次にシャンプーやシャワーによる乾燥ですが、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用や、シャワーの温度設定が高すぎることが頭皮の乾燥につながります。
自分の頭皮とあっていないものを使用していたり、1日に2回シャンプーをしてしまうと必要な皮脂を取りすぎてしまうために乾燥につながります。
また40度以上の温度の高いシャワーは、皮脂だけでなく頭皮の保湿成分まで流してしまいます。
少しぬるく感じると思いますが38度くらいの設定が乾燥対策にはベストです。
そして、紫外線による頭皮の乾燥は、紫外線が皮膚のバリア機能を破壊するために起こります。
バリア機能がなくなってしまうと、水分を閉じ込めておくふたがなくなるため蒸発し、さらに外部からの刺激から守るものがなくなってしまうためどんどん乾燥していくようになってしまいます。
最後にエイジングによる乾燥ですが、年齢とともに皮脂の分泌量、うるおい成分であるセラミド、代謝の衰えなどの様々な老化現象により、肌全体が非常に乾燥しやすい状態になっていきます。
体質により個人差はありますが、予防などの手段によりさらにその差は広がります。


頭皮の乾燥に最適な対策とは・・・


最近では頭皮の乾燥に効果的なシャンプーや頭皮用トリートメント、化粧水のような役割をするものなど非常に優れた商品がたくさん売っています。
そういったケアをできるだけ早く取り入れることが必要でしょう。
頭皮の乾燥の場合はかゆみを伴うことが多く、我慢できずにかいてしまったり、寝ている間に無意識にかいてしまうことにより頭皮を傷つけ、症状が悪化してしまうことがあります。
また、紫外線による乾燥を防ぐために、帽子、日傘などでカバーしたり、こまめに分け目を変えることも効果的です。
日常生活では、ドライヤーを頭に近づけすぎないようにすることや、シャワーの温度を38度設定にする、シャンプーの仕方を見直すことも重要です。
頭皮も顔等と同じ皮膚なので爪を立てたり、強い力でごしごしと洗ってしまうと皮膚のバリア機能が低下するので指の腹でデリケートに扱う必要があります。
他にも、頭皮に悪影響を与えるストレスや食生活、睡眠も一度見直したほうがいいかもしれません。


まとめ


これから寒い日が続くため乾燥に悩まれる方が増えてくると思います。
乾燥はしわができるなど、老化につながりやすく、頭皮の場合は特に顔の老化にも大きく影響します。
自分の生活スタイルの中でどの行動が頭皮の乾燥につながっているのかわからない点があればぜひ我々NOTOMANIAスタッフにご相談ください。
原因が複数の場合もあり、一か所を改善したのになかなか効果が見えてこなかったり、間違ったケアをしていたり、自分に合わないケア商品を選んでしまい症状がより悪化してしまうことがあります。
悪化し頭皮湿疹に悩まされている場合は”頭皮湿疹ができてしまう3つの原因と治し方!”をご覧ください。

Pocket