憧れのキレイなツヤ髪になる為に覚えておきたいキューティクルの話!

ツヤのある髪

CMのようなツヤツヤの髪の毛は誰もが憧れるものです。

ツヤツヤ髪になりたいのに、なぜツヤが無いぱさぱさの髪になってしまうのか。

キューティクルがキレイに整っていると、髪に光が反射しツヤが出て見えます。逆にキューティクルが剥がれて不揃いになると、毛羽立ってしまい光が乱反射してしまうためツヤが出なくなってしまいます。


髪のツヤを手に入れるには、キューティクルについて知ることが大切です。


よく耳にしますが、キューティクルとは一体何なのか。

キューティクルとは、髪の表面を覆うウロコのようなもので、その状態によって髪のツヤや手触りを左右します。
一枚一枚のキューティクルがキレイに整っている状態がツヤもあり手触りも良い状態です。
逆に、キューティクルが剥がれて毛羽立っているとぱさぱさでツヤも無く絡まりやすい髪の毛になってしまいます。

また、キューティクルは髪表面を覆い髪内部のタンパク質や水分の流出を保護する役割を果たしています。キューティクルが剥がれてしまえばその保護する力が弱まり、髪のタンパク質・水分が流れてしまい、髪がパサつく原因となります。


キューティクルが傷んでしまう原因とは。


キューティクルが傷む原因は、カラーやパーマなどの薬液によるもの、摩擦、熱、紫外線です。

1つ目は、カラーやパーマの薬液によるものです。

キューティクルは、酸性に強く、アルカリ性に弱い特徴があります。
髪のpH値は通常時は弱酸性なのですが、カラーやパーマの施術直後は、髪がアルカリ性に傾いてしまいます。
アルカリ性に傾いた髪は、キューティクルがとても傷つきやすくデリケートな状態です。

2つ目は、キューティクルはとても摩擦に弱く、激しいブラッシングやタオルドライをしてしまうと、キューティクルが傷つき剥がれてしまいます。

ロングの髪を上から毛先に向かって一気にブラッシングすると力が入りやすいので、キューティクルを傷めてしまいます。
絡まりやすい毛先からゆっくりブラッシングしていき、徐々に上にずらしていくといいですよ。

そして、タオルドライによる摩擦です。
髪は濡れた状態だとキューティクルが開いた状態なので、さらに摩擦に弱くなっています。
そのため、お風呂上りは出来るだけ髪の水分を絞り、タオルドライは地肌の水分をふき取ったら毛先は擦らずにタオルで髪の毛を挟み、叩くようにして水分を取りましょう。

3つ目は、熱によるダメージです。

毎日のドライヤーやコテ、ヘアアイロンの熱によりキューティクルは剥がれやすくなります。
180℃以上などの温度で、同じ個所に何度も当てたり、長時間当て続けることによりキューティクルが剥がれてしまう恐れがありダメージに繋がります。

コテやアイロンを使用する際は、170℃以下の温度で2~3秒を目安に使用するのが望ましいでしょう。

ダメージが進んだ髪の毛は、アイロンなどでクセがつきにくく、髪のセットがうまく決まらなくなってしまいます。

4つ目が紫外線によるものです。

紫外線は、髪の内部まで浸透しタンパク質繊維を破壊してしまいます。
海やプールなどで濡れたまま長く紫外線に当たっていると、毛髪中のシスチン結合(髪の強さを保つ構造)が破壊されてしまい、髪がダメージを受けやすくなります。その結果、髪の潤いを保つキューティクルがはがれやすくなり、髪のパサつき・ごわつきを引き起こします。

紫外線から髪を守るには、日傘や帽子などで強い日差しを防ぐといいでしょう。髪用の日焼け止めもありますよ。


一度傷んでキューティクルが剥がれてしまった髪の毛を修復することは出来ません。


髪は死んだ細胞で出来ている為、一度傷んでしまうと修復は不可能です。

トリートメントでツヤや手触りを良くすることは出来ますが、髪を修復するのではなく、タンパク質を補いシリコンで人工的に髪の表面をコーティングし、疑似キューティクルを作るものです。
ですが、一度ツヤを失い手触りの悪くなってしまった髪の毛は、キューティクルが剥がれ毛羽立ってしまっている状態なので、人工的でもいいので補修してあげると一時的に復活したように見せることが出来ます。

キューティクルは温めると開き冷やすと閉じる性質があるので、ホームケアの場合はトリートメントを付けて蒸しタオルでくるんであげると浸透しやすくなります。


まとめ


ツヤツヤ髪になるためには、日々のケアが大切です。
一度傷ついてしまったキューティクルは元に戻すことは出来ません。
まずは、キューティクルが傷ついてしまう原因を知っておきましょう!

Pocket