朝起きたら寝癖が!!その原因と対処法

寝癖

何かとバタバタしてしまう朝!急いでいるのに寝癖がすごいことに!!

寝癖の部分を濡らしてブローをしてもなかなか直らない。といった経験はありませんか?

もう大丈夫。ほとんどの寝癖は水とドライヤーで簡単に直すことが出来るんです!


寝癖がついてしまう原因


寝癖がつかない方法で最も簡単な方法は寝方に気をつけるということですが、睡眠は無意識なので自分で制御できませんよね。寝方の他に寝癖の原因を覚えておきましょう。

頑固な寝癖の原因は生乾き!

ものすごい寝癖がついてしまった朝。前日のお風呂上りはしっかり髪を乾かしましたか?
お風呂上りの濡れている状態の髪の毛は、染み込んだ水分により髪の分子が緩んだ状態になっています。そこから乾いていくと分子が再結合するのですが、生乾きのまま寝てしまうと頭の重みで枕に押し付けられていたりすると、その形に固定されてしまいます。

それが寝癖です。

その為、お風呂上りはしっかりと髪を乾かすことが大切です。

ドライヤーで乾かしていく際に大事なのが、髪の根元をしっかりと乾かすこと。です。
毛先が乾いていても、髪の根元が生乾きだと元も子もありません。寝癖は根元が潰れてしまうことに原因がある為、毛先が乾いていても朝起きると毛先がハネてしまうといった結果になってしまいます。

全体をしっかりと乾かしたら、ブラシを使わなくても構わないので髪の毛の毛流れに沿ってドライヤーの風をあてて毛先を内に入る様に乾かしておくと翌朝寝癖がついていても簡単に直しやすくなります。

そして、ドライヤーの温風でブローした後は冷風で冷ますことを忘れずに!
冷風で仕上げることで、熱によって開いたキューティクルを閉め癖がつきにくい状態になります。

それでもついてしまった頑固な寝癖の直し方

寝癖を直す時、浮いてしまった部分を上から押さえつける様に水で濡らしたり、ハネている部分の毛先だけ濡らして直そうとしていませんか?

濡らすのは、寝癖になっている部分ではなくその根元!

髪のボリュームや流れを決めているのは根元の向きです。
朝、髪を濡らす時は毛先ではなく根元をしっかり濡らすことで寝癖を直すことが出来ます。

ハネたり、浮いたり、潰れたりしている根元にしっかり水分をなじませ、根元を起こすようにドライヤーで乾かします。
濡らしてすぐに乾かしても髪の内部に水分が浸透していないと寝癖は直せないので、根元を濡らして少し時間が経ってからブローすることがポイントです。

また、アウトバストリートメント(オイルやクリーム、ミルクなど)を寝癖の部分に付けるのも効果があります。水よりも浸透しやすいので時間の無い時にお勧めです。
その場合、根元にはつけない様に注意しましょう!(根元についてしまうとオイリーな頭に見えてしまいます。)


まとめ


寝癖直しで朝の貴重な時間を使うのはもったいないですよね。
原因を知っておけば寝癖は簡単に直すことができますが、防ぐ事もできます。

朝の時間を無駄にしない為にもお風呂上りはしっかりブローしておきましょう!

Pocket