【ミルクとオイルどっちが良いの?】洗い流さないトリートメントの選び方

洗い流さないトリートメント

ヘアケアをする人の基本アイテムの一つである、

洗い流さないトリートメントですが、

  • オイルタイプ
  • クリーム・ミルクタイプ
  • ミストタイプ

の3種類に分かれており、それぞれ特徴があります。

「目的」と「悩み」に合わせてタイプを選ぶことが、

効果を最大化するにあたり重要になってきます。

「洗い流さないトリートメントの目的」と「それぞれのタイプの特徴」を知って頂く事により、

洗い流さないトリートメントを選ぶ際の基準にして頂ければと思います。


洗い流さないトリートメントの目的


トリートメントとは、基本的には髪の内部に栄養を浸透させ、

髪を補修してくれる役割をするものを指します。

では、お風呂で使うトリートメントと、

洗い流さないトリートメントの違いとは何なのでしょうか?

まずお風呂で使うトリートメントですが、

こちらは髪の内部に栄養を補給することが一番の目的です。

  • 髪を修復すること
  • 集中的にケアをすること

を目的としているため、

髪の内部に効果のある成分をたくさん含んでいます。

次に洗い流さないトリートメントですが、

こちらは補修成分も入っているのですが、

一番の目的としては髪の毛の保護になります。

日常の生活で受ける外的ダメージ(紫外線やドライヤーの熱、摩擦など)から、

髪の毛を守ることをメインに考えて作られています。

なので、どのタイプも髪表面を保護する成分を多く含んでいます。

つまりコーティング剤のような働きをしてくれるのです。

ですので、お風呂で使うトリートメントだけでなく、

洗い流さないトリートメントを使う事により、

「補修」と「保護」の両方が可能となるのです。


オイルタイプの洗い流さないトリートメントの特徴


オイルタイプの一番の特徴は、

「オイルで髪表面をコーティングすること」にあります。

オイルが髪表面をコーティングする事により、

  • つやのある髪の毛を作る
  • 髪のボリュームが収まる
  • 髪の絡まりが緩和される

などの効果があげられます。

「髪の毛が太くボリュームを抑えたい」「くせを抑えたい」といった悩みがある方は、

「重いオイルタイプ」を使用すると、

「オイル自体の重さ」と「オイルが湿気を防ぐ」ので、

とても効果的です。

また、オーガニック由来の商品が多いので、

「化学物にアレルギーがある人が使用しやすい」という点も、

オイルタイプの特徴といえるでしょう。

デメリットとしては、使用量が適切でない場合、

「ベタベタしてしまう」「髪の毛が固まって、自然な雰囲気でなくなる」などの、

「オイルつけ過ぎ現象」が起こってしまうため、

つけ過ぎには注意が必要です。

また髪をしっかり洗えていないと、

「髪の毛に残留しやすい」といった特徴があるので、

「髪の毛が細くボリュームが出にくい人」は、

出来る限り「軽いタイプのオイル」を選ぶようにしましょう。


クリーム・ミルクタイプの洗い流さないトリートメントの特徴


クリームタイプ・ミルクタイプの一番の特徴として、

「保湿成分が多く含まれている」ため、

ダメージによるパサつきや広がりを抑えることが出来る

という事があります。

ですので、

  • 髪の毛に柔らかい質感を出したい
  • 乾燥した髪に潤いを与えたい
  • 髪の毛のパサつきを抑えたい

という場合は、オイルより保湿成分を多く含む、

クリーム・ミルクタイプが向いています。

また最近では、スタイリング剤のような使い方が出来る商品や、

ハンドクリームとして使うことも出来る便利な商品が増えてきているため、

1つで2つの役割をこなしてくれて非常に便利です。

オイルタイプよりベタつきが少なく、

軽い仕上がりになりやすいので、

  • 髪の毛が細くボリュームが出にくい
  • オイルのベタつきが苦手

という方には非常におススメです。

デメリットとしては、

オイルタイプと同じく、つけすぎるとペタッとしてしまったり、

保湿成分が多いために、髪が乾くのが遅くなる。

保湿がメインなので、コーティング効果がオイルより劣り、

くせ毛やボリュームを抑えるという効果は少ない。

などのデメリットが存在します。


ミストタイプの洗い流さないトリートメントの特徴


ミストタイプの洗い流さないトリートメントの一番の特徴は、

「タンパク質を補修する成分が多く含まれている」ので、

髪の毛にハリ・コシを与え、ボリュームを出しやすい

という事があります。

粒子が細かく、髪の毛への浸透力が高いので、

  • 髪のダメージに対して集中的に補修したい
  • 髪の毛が細くボリュームを出したい
  • 髪の毛をしっかりとさせたい

といった人に対して、非常におススメです。

デメリットとしては、

「オイルタイプ」や「クリーム・ミルクタイプ」に比べると、

コーティング効果を持ち合わす商品が少ない為、

「外的ダメージから髪の毛を守るという点において劣りやすい」という事があげられます。

また、

  • 髪の毛に潤いを与えしっとりさせたい
  • 髪の毛のボリュームを抑えたい

といった人には物足りなさを感じるでしょう。

こういった場合には、

髪の毛を乾かす前に「ミストタイプ」の洗い流さないトリートメントを付け、

乾いてから「オイルタイプ」のものや「クリーム・ミルクタイプ」の洗い流さないトリートメントを使用することによって、

解決することができます。


まとめ


「洗い流さないトリートメントの目的」と「それぞれのタイプの特徴」を説明しましたが、

今まで自分の「目的」と「悩み」に合ったものをしっかりと選べていましたか?

それぞれ働きに特徴があるため、現状に合わせて使い分けることが必要です。

より効果を求める方は、

「乾かす前」と「乾かした後」で、

異なる種類の洗い流さないトリートメントを使用する事をおススメします。

シャンプーの選び方については”【自分にあったシャンプーとは!?】正しいシャンプーの選び方”をご覧ください。

Pocket