【ゴワゴワ硬い髪の毛はイヤ!】柔らかい髪の毛にする方法

ゴワゴワの剛毛

髪の毛が太くて硬くて多くてごわごわまとまらない、、、

細くて柔らかい髪の毛に憧れる。

そんなお悩みをお持ちのあなた。

「髪質を完全に柔らかく変える事」は難しいのですが、

「髪質が変わったように見せる事」は可能なのです。

ごわごわ硬い髪の毛を柔らかくする方法

硬い髪質を柔らかく見せるには、

  • シャンプーを変える
  • しっかりトリートメントをする
  • ドライヤーのやり方を変える

といった方法があります。

シャンプーを変える

今使っているシャンプーの成分表記を確認してみましょう。

「洗浄力の強い高級アルコール系シャンプー」や「石鹸系シャンプー」はタンパク質が固まりやすく、

それにより髪の毛が硬くなってしまう可能性があります。

それらはシャンプーの成分で使われている界面活性剤の違いにあり、

高級アルコール系シャンプーの多くに、

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム

などが使われています。

市販されているシャンプーのほとんどが、この高級アルコール系シャンプーとなっています。

このシャンプーの特徴としては、

洗浄力が強く、泡立ちが良いので「洗い上がりがさっぱり」する。

洗浄力が強い為「頭皮への刺激が強い事」もこのシャンプーの特徴です。

もう一つ、洗浄力が高いと言われる「石鹸系シャンプー」の界面活性剤には、

  • カウリン酸k
  • オレイン酸k
  • カリせっけん水地

などが使われています。

高級アルコール系シャンプーと同様に「洗浄力が強い」事が特徴です。

これら2種類のシャンプーに使われている界面活性剤は「タンパク質が固まりやすい為」に、

髪の毛が硬くなってしまう可能性があります。

髪がキシキシゴワゴワ硬くなっている原因はこれらにあるかもしれません。

髪の毛が硬い人には「アミノ酸系のシャンプー」がお勧めです。

アミノ酸系シャンプーは、髪の中のタンパク質を変化させないので、

髪の毛を柔らかくしたい人は、アミノ酸系のシャンプーに変えてみて下さい。

しっかりトリートメントをする

一番効果がわかりやすい方法です。

一時的に水分量を増やしてくれるトリートメントは、

髪を柔らかくする方法の中では、断トツですぐに効果を実感できるでしょう。

髪の乾燥も硬くなってしまう原因です。

保湿系のトリートメントを使用して、しっとり柔らかい髪を心がけましょう。

ドライヤーのやり方を変える

乾かし過ぎは、髪の中の水分が不足してパサつき、硬い髪質になってしまう原因の一つです。

髪の柔らかさを出すのに重要なのは「水分量」です。

髪の毛を乾かす時は、「保湿系の洗い流さないトリートメント」を毛先中心になじませ、

乾燥しやすい毛先から乾かすのではなく、「根元」から乾かしていきましょう。

根元を乾かしていると、自然と毛先も乾いてきてくれるので、最後に毛先を乾かすようにします。

乾かした後は、冷風に変えて「髪の毛をなでる様にドライヤーの風をあててあげる」と、

おさまりやすく「ツヤが出てキレイな髪」に見せることができます。

まとめ

まずは、今使っているシャンプーを確認してみましょう。

髪質は生まれつきのものだと諦めないで、

しっかりと「自分の髪質に合ったホームケア」をしてみてください。