美容院でヘアカラー。なぜ頭皮がしみることがあるの?

美容院でのカラー

美容院でヘアカラーをした時にヒリヒリしみるといった経験はありませんか?

その原因は様々ですが、薬剤のアレルギー反応、頭皮の状態、その日の体調、ホルモンバランスなどが挙げられます。

健康な頭皮の人でも、多少ピリピリする程度はヘアカラーをする上で多少起こり得る事です。
いつもはしみていなくても、急にしみてしまう様になる事もあるのです。

原因が解っていれば、それを防ぐ事は可能です。

では、その原因と解決策とは?


なぜヘアカラーの薬液はしみてしまうのか。


いくつか原因はありますが、薬剤の中に含まれるジアミン・アルカリ・二剤の過酸化水素が考えられます。
特に、”ジアミン”は、ほとんどのカラーリングの薬剤に含まれ、少量の色素で濃く染める事が可能で、様々な色を作ることが出来ます。そのためヘアカラーの薬剤には欠かせないものなのです。

ですが、”ジアミン”はアレルギーを起こす可能性のある成分の為、体質によってはしみる原因になってしまいます。

今まで頭皮がしみたことが無くても、急にジアミンアレルギーになってしまう可能性は誰にでも起こり得ることなのです。

例えば、花粉症や金属アレルギー。それらも昨日まで平気だったのにある日突然やってくるタイプですね。
その為、同じカラー剤でも突然アレルギーが起こってしまい、頭皮がしみるようになることもあります。

では、どうすればしみるといったようなヘアカラーの薬剤による頭皮への刺激を抑えることができるのでしょうか。

毎回頭皮がしみてしまうというお客様には、
保護オイルなどを使ったり、ヘアカラーの薬剤が根元につかない様に塗布することが出来ます。
カラーの前に担当の美容師に伝えておくといいでしょう。


頭皮が乾燥している場合や傷がある場合。


頭皮の一部がしみる場合(頭頂部や側頭部、首回りなど)は、アレルギー反応ではなく頭皮の状態に原因があるはずです。
一概には言えませんが、アレルギーであれば頭皮全体に症状が出る為です。

シャンプーをする際に、ガシガシ爪を立てて洗う人や1日に何度もシャンプーをする人、
地肌が痒くて引っ掻いてしまう人は、目に見えない細かい傷がたくさんついてしまい、その傷口に薬剤がしみてしまう。という訳です。
その場合はパーマなどの他の薬剤でも頭皮がしみてしまいます。

そもそも、1日に何度もシャンプーをしてしまうと頭皮のバリアとなる必要な皮脂まで洗い流してしまう事になります。
皮脂を落とし過ぎて乾燥してしまうだけではなく、頭皮を傷つけて頭皮の自衛機能に異常をきたしてしまうので、あらゆるトラブルの原因になってしまいます。

頭皮が乾燥している、傷がついてしまっている場合も保護オイルを使ったり、傷のある部分を避けてカラーの薬剤を塗布したりして刺激を回避します。
その他にも、

  • 普段から優しくシャンプーするようにする
  • 美容院に行く前日はシャンプーしない
  • シャンプーは1日1回にする

など。自然に出た皮脂が一番のバリアになるので、そのような方法があります。


その日の体調によってヘアカラーで頭皮がしみる場合


その日の体調(睡眠不足・疲れ・ストレス)やホルモンバランスによりしみるということも考えられます。

睡眠不足、ストレス、女性の場合は生理や妊娠中の場合などはいつもよりしみやすくなります。
風邪気味の時や疲れが溜まっている場合も同様です。
免疫力が低下しているときは、過剰な防御反応によりしみやすくなるようです。

また、女性の場合生理中や妊娠中の時などホルモンバランスが不安定な時期は頭皮が敏感になるので、普段よりもヘアカラーがしみることがあります。

それらも殆どが保護オイルで防ぐ事が出来ます。
ですが、心配な場合はそういった日は避けたほうがいいでしょう。


まとめ


頭皮がヒリヒリ染みてしまうのには様々な原因がありますが、いつもしみてしまう場合はもちろん
少しでもしみている場合は、我慢せずに担当の美容師に伝えましょう。

Pocket