【毛穴の黒ずみ徹底解消!】本当に正しい毛穴ケア方法


毛穴メイク
メイクをする時やスキンケアの際に、ふと「毛穴のデコボコ」や「黒ずみ」が気になった事はありませんか?

毛穴の状態が良くないと、ファンデーションが浮いてしまったり、化粧ノリが悪くなったりと、それだけで一日のテンションが下がってしまいます。。。

そんな毛穴の状態を良くする為に、今まで色々なものを試してきたけど「治らなかった人」は必見!

今回は意外と知られていない「本当に正しい毛穴ケア方法」をお伝えしたいと思います。

毛穴の黒ずみの正体


肌の構造
肌は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」という層になっています。

細胞はターンオーバーを繰り返すことにより、肌の奥から一番表面へと少しずつ押しあげられていきます。

最終的に「表皮の角質層」に到達した肌は「死んだ細胞」となります。これが「角質」です。

角質は「雑菌の侵入」や「水分の蒸発」を防いでくれるなど、肌を守るためのバリア機能を果たしてくれる「とても重要なもの」です。

そして役目を終えた角質は、自然に剥がれ落ちていきます。

しかし、ターンオーバーが乱れると、本来剥がれ落ちるはずであった角質が「毛穴に残ったまま」となり、どんどん蓄積されることで「余分な皮脂」や「毛穴の汚れ」と結びついて頑固な「角栓」を作ってしまうのです。

この角栓ができることで「毛穴がつまり、黒ずみが出来る」のです。

毛穴の黒ずみが出来る原因


リップメイク

【皮脂】

肌の健康を維持するために「ある程度の皮脂」は必要ですが、必要以上に分泌されるようになると、皮脂が毛穴の中につまり「黒ずみの原因」になってしまいます。

皮脂は、固形ではないので、そのままでは毛穴につまりませんが、毛穴の中にある「古い角質」や「汚れ」などと組み合わさることで「角栓」のような「固形物」になってしまいます。

皮脂が多いからと言って洗顔をゴシゴシ行ったり、あぶらとり紙で定期的に皮脂を取り除くと、さらに「皮脂の分泌が活発になる恐れ」があるので注意しましょう。

【乾燥】

肌が乾燥すると「皮膚が固く」なります。

皮膚が固くなることで「毛穴の伸縮が低下」して、中に詰まっている「汚れ」や「余分な皮脂」がしっかりと排出できなくなり「黒ずみの原因」となってしまうのです。

また、オイルクレンジングなど「洗浄力が強いもの」を使うと、肌への大きなダメージとなり「肌のバリア機能が低下」して、肌が水分を保持できなくなると「乾燥」が起きるので注意が必要です。

【メイク残り】

毛穴の中に「余分な皮脂」「古い角質」「メイク残り」「ホコリ」などがつまってしまうと、毛穴が黒ずみ、肌を触ったときにザラザラとした状態になります。

特にファンデーションには肌の乾燥を防ぐために「油分」が多く含まれている為、空気中のホコリなどの汚れがつきやすく、洗い残しがあると毛穴がつまりやすくなります。

このような余分なものと、皮脂が結合すると「角栓」ができてしまい、そのままにしておくと「角栓が酸化して黒く見える」ようになります。

酸化した角栓は「ニキビの原因」にもなるので、早めに正しい方法でケアを行いましょう。

本当はやってはいけない毛穴ケア


毛穴パック

【毛穴パックの使用】

毛穴パックは「角栓」をごっそりとってくれるので「一番効果を感じやすい」のですが、毛穴がぱっくりと広がってしまい「さらに角栓が大きくなってしまう恐れ」があります。

毛穴パック後は一時的に綺麗になりますが、開いた状態の毛穴に繰り返し「皮脂」や「汚れ」がつまり、毛穴はどんどん大きく広がって、以前よりも汚れなどが入り込みやすい状態になってしまい「より大きな角栓」が出来上がってしまいます。

そのため、毛穴が目立ってしまうのです。

【綿棒とオイルの使用】

綿棒にオイルを含ませて「角栓」の気になるところをマッサージする方法が話題になっていますが、綿棒で肌をこする事は、どんなに優しく行ったとしても「肌に負担」がかかります。

そもそも70%がタンパク質である角質は、オイルだけでは綺麗に溶けることはありません。

綿棒の刺激で「乾燥」や「更なる毛穴の開き」につながることもあるので注意しましょう。

【ピンセットや爪で押し出す方法】

ピンセットや爪による「角栓の押し出し」によって、毛穴を無理に広げて中身を取り出すと、毛穴は広がったまま戻らなくなり、時間を置かずに再び汚れが溜まります。

また、ピンセットや爪は鋭いため、毛穴の周りの皮膚を傷つけてしまい出血してしまうケースも。。。

そうなると、色素沈着の原因になったり、爪の雑菌が傷から入り込んで「ニキビ」や「皮膚疾患」などのトラブルを引き起こしてしまうので危険です。

【過剰なクレンジングや洗顔】

クレンジングや洗顔のやりすぎは「肌に必要な皮脂」まで取り去ってしまいます。

すると、乾燥から毛穴が固くなってしまい、毛穴の中に溜まった汚れが外に出にくくなります。

肌は乾燥すると「角質層の間に隙間」ができ、外部からの刺激に弱く、内部の水分が流出しやすい状態になります。

そうなれば、肌は水分が外に流れ出ないように角質層を厚くして「バリア機能」を高くしようとします。

これはターンオーバーが低下する原因の一つです。

角質が剥がれ落ちにくくなれば、それだけ「角栓」ができやすい肌へと変質してしまうのです。

本当に正しい毛穴ケア方法


毛穴洗顔
毛穴ケアを行う前に、まずは手を洗いましょう。

手が汚れていては雑菌などが顔全体に広がる恐れがあり、肌の悩みの原因にもなるので、ハンドソープなどで綺麗にしてから行います。

【クレンジング】

クレンジングは様々な種類がありますが、おすすめは「クリームタイプ」です。

クレンジングオイルはメイクが落ちやすいのですが、界面活性剤が一番含まれているので「肌の乾燥」や「刺激」の原因になります。

そのため、オイルよりも肌に優しく、ジェルやミルクタイプよりもメイク落ちが良い「クリームタイプ」を使用しましょう。

また、重ねづけしたマスカラや、ウォータープルーフのアイライナーなど「落ちにくいアイメイク」は、専用リムーバーを使用しましょう。

特に目元は皮膚がとても薄くデリケートなので、毎日きちんと落とさないと「目元が老け込む原因」になります。

1.クレンジングの量を守る

クレンジングの量が少ないと摩擦が大きくなり、肌をいためるので適切な量を守りましょう。

2.Tゾーンから洗う

顔の皮膚の中でも比較的皮膚の強い「額や鼻などのTゾーン」からクレンジング剤をのせていきましょう。

次に頬などのUゾーンへとのばしていき、全体になじませます。

3.優しくなじませる

力を入れすぎてゴシゴシすると「角質層」に傷がつき、肌荒れを招いてしまうので、力を入れすぎないように指で優しく伸ばし、指先を滑らせるようにしながら、クレンジング剤とメイクをなじませていきます。

4.ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすぐ時にお湯が熱すぎると、肌に必要な水分や油分まで落としてしまい、乾燥を引き起こす恐れがあります。

毛穴から余分な皮脂や汚れが浮き出す温度は「約30~32度くらい」だと言われています。

すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

【洗顔】

毛穴の汚れにはホコリや汗、古い角質などの「水性の汚れ」と、ファンデーションや皮脂などの「油性の汚れ」があります。

クレンジングは「油性の汚れ」を、洗顔は「水性の汚れ」を落とす役割があるので「ダブル洗顔」で汚れを落としましょう。

1.しっかりと泡立てる

濃密な泡で洗うことで、吸着のよい泡が「古い角質」や「汚れ」を吸い取っていきます。

泡立てネットや手でしっかりと泡立てましょう。

2.泡をのせる

クレンジング同様、最初にTゾーンに泡をのせて、その後Uゾーンにいき、顔全体に泡を広げていきます。

泡をクッションのようにして、肌の上を優しく滑らせるようにして洗いましょう。

3.ぬるま湯で流す

クレンジング同様ぬるま湯で、すすぎは15回ほど念入りに行いましょう。

洗顔時に長時間肌に泡を乗せておくと、洗浄成分の働きで「皮脂」や「細胞間脂質」が分解されてしまうので、肌に泡をのせている時間は「30秒以内」ですませましょう。

その後、清潔で柔らかなタオルで優しくふきとります。

【化粧水】

洗顔後は「最もお肌が乾燥しやすい」ので、3分以内には基礎化粧品でのケアを行いましょう。

お風呂場にあらかじめ「化粧水」だけでも置いておくと便利です。

1.手やコットンで化粧水をつける

化粧水を手やコットンにとり、顔全体になじませます。

コットンを使用する場合は、ヒタヒタになるまでしみ込ませます。

特に鼻のところは凹凸があるので、塗り残しがないようにしっかりとつけましょう。

2.ハンドプレスして浸透させる

顔を手のひらで包み込み、優しくゆっくりと押さえつけるようにハンドプレスして、化粧水を浸透させましょう。

肌が手のひらに吸い付くようになるまでなじませると、さらに良いです。

【乳液・クリーム】

乳液は肌に「油分」と「水分」を与え、より活性化させる働きがあり、それに対してクリームは、与えられた「油分」や「水分」を外に出さないように保護するという役割があります。

1.乳液を顔全体につける

化粧水後、1分ほどおいてから顔全体に「乳液」をつけて、ハンドプレスしてなじませます。

目元や口元など、乾燥が気になるところは「重ね付け」すると良いです。

Tゾーンなど、皮脂の多い部分は、つけすぎないように気をつけましょう。

2.クリームをつける

乳液後、特に乾燥が気になる部分に「クリーム」をつけましょう。

クリームはつけすぎると「テカリの原因」になるので、乳液だけで肌が潤っていたら、クリームをつける必要はないです。

まとめ


毛穴の黒ずみ
「本当に正しい毛穴ケア」を行うと、自然とお肌はきれいになります。

無理な毛穴のお掃除が、一番お肌に負担がかかってしまうのです。

毛穴のつまりは、乾燥も原因の1つなので、保湿はしっかりとおこなってください。

また、肌トラブルには、スキンケアだけではなく「生活習慣の乱れ」なども関わってきます。

「食べるもの」や「睡眠時間」「ストレス」なども影響するので、正しい生活を送るように心がけて美肌を手にいれましょう。

女性の美しいをサポートする【堀江の美容室】 NOTOMANIA (ノトマニア)では、お客様1人1人の髪質やダメージレベル、ご要望に合わせて最適な【ヘアカラー剤・トリートメント剤】を使用し、顔型や雰囲気に合わせてあなたに似合う【髪型・カットスタイル】をご提案させて頂きます。

まるで家にいるようなリラックスした空間で、知識と経験を持った担当者が【あなたの魅力を最大限に引き出す】お手伝いをさせて頂きます。

Pocket