炭酸泉が頭皮と髪へ与える驚異の効果とは!?

髪の毛で悩んでいる人は男女問わず多いですよね。

髪質や臭い薄毛パサつきやべたつき、白髪痒みフケ、悩みは人それぞれ違うと思いますが、髪に対する悩みを抱えている方は沢山いると思います。

飲んでおいしい炭酸水、実は頭皮と髪にも効果的。

効果が高い理由とその効果についてご紹介します!

炭酸泉の特徴

炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことを言い、ソーダ水のような気泡が表れるのが特徴です。

炭酸泉には濃度により効果の大きさが変わってきます。

濃度はppmという単位で表され、日本では温泉法という法律で250ppm以上のものが炭酸泉と認められます。

また、1000ppmを超えるものを高濃度炭酸泉、もしくは療養泉と呼ばれ、医療的な効果が期待出来るものと定められています。

炭酸泉に入浴すると炭酸の気泡が角質や皮脂汚れを包み込みながら落とし、さらに血行促進などの効果、効能があることが認められています。

この炭酸泉の特徴に注目し開発されたものが、美容院で使われる”炭酸泉”です。

炭酸泉の効果

炭酸泉には、色んな効果があります。

今回は、期待できる効果の内の

  • 血行促進
  • 頭皮の汚れを除去
  • 残留アルカリの除去

について詳しく書いていこうと思います。

血行促進

炭酸泉をかけると、まず細かい炭酸分子が皮膚から吸収されます。

人間の体内では酸素を使ってエネルギーを作った残りの老廃物が二酸化炭素になります。

二酸化炭素を取り入れる事により、体内で酸素を送ろうとして血行が促進されます。

血行促進する事により、栄養が頭皮まで運ばれます。

血行不良だと頭皮に十分に栄養がいかなくなり、薄毛や弱い髪になってしまいます。

血行促進は頭皮ケアに欠かせないのです。

さらに頭皮の緊張が緩み、日中受けた様々なストレスでカチカチに固まった頭皮がほぐれ、皮膚の新陳代謝も促進され、健康な頭皮環境の維持に役立ってくれます。

頭皮の汚れを除去

実は人の頭皮はとても汚れやすい環境です。

皮脂腺から分泌される皮脂や汗腺から出る汗だけでなく、日中の活動中には外界の様々なよごれが頭皮に付着しています。

しかし、炭酸泉を使用してシャンプーすることで、炭酸が頭皮の汚れに付着して気泡が発生し、汚れ全体を包み込むようにして浮き上がらせて落としてくれます。

頭皮に角質や皮脂が溜まっていると、毛穴がつまり炎症を起こしたり、古くなった角質や皮脂が汗と混ざりニオイが気になったりします。

育毛剤などの栄養成分の浸透の妨げにもなるので、しっかり汚れを落としてあげるのは頭皮ケアの第一歩ですよ!

残留アルカリの除去

パーマカラーリングを行うと、毛髪内に残留アルカリが残ってしまいます。

残留アルカリを放置してしまうと、毛髪にダメージが残り色落ちしたり、手触りがゴワゴワしてしまいます。

普通のシャンプーだと残留アルカリを除去する事が難しいのですが、炭酸はそれをしっかりと除去してくれるのです。

美容院でパーマやカラーリングの後に炭酸泉を使う理由が、まさにこれなのです。

まとめ

炭酸泉がなぜ髪と頭皮に良いのか?

  1. 毛穴に付着した皮脂を分解、除去します
  2. 髪についた付着物(シリコン・ワックスなどの整髪料)を除去します
  3. 新陳代謝を促進します
  4. 毛髪を電気的に安定する弱酸性に整えます
  5. パーマ、カラートリートメントの効率をアップします
  6. 頭皮・毛根ケアに有効
  7. 頭皮の臭いを解消

ヘッドスパとの相性もよく、頭皮をキレイにしながらリラックスしていただけます。

頭皮や髪の健康のために炭酸泉を体感してみてはいかがでしょうか?