【くせ毛は治る!?】遺伝以外にもあったくせ毛の原因とは!?

実は、日本人の約7割がくせ毛だそうです。

くせ毛の原因のほとんどが遺伝と言われています。両親のどちらかがくせ毛の場合、幼いうちに直毛でも、成長に伴い100%に近い確率でくせ毛になってしまう様です…

もう一つの原因は、年齢や生活習慣からくせ毛になってしまう可能性も少なからずあります。

くせ毛の特徴は、うねりにより髪のキューティクルに隙間が出来やすくなることで、髪の水分が逃げやすく乾燥してパサパサになりやすい傾向があります。

その反面、梅雨時や雨の日など、湿気を吸収して広がります。

このようなくせ毛は、どんな原因で起こるのでしょうか?

そもそもくせ毛とは?天パとの違いは?

くせ毛は簡単に言うと髪の毛にうねりが出たり、ハネたり、縮れている毛のことを指します。

ちなみにくせ毛と似たような言葉で天パというものもありますよね。

結論から言うと、この2つは同じくせ毛として扱われているものなので明確な違いはありませんが、名前のニュアンス的にくせ毛は少しうねったりする程度で、天パはクセが強いイメージを持っている方が多い様に感じます。

くせ毛になる理由

くせ毛というと、多くの方が先天性、つまり生まれ持ったものだと思いますよね。

しかし、それ以外にもくせ毛を引き起こしてしまう原因があるんです!

元々は直毛だったのに、いつからか急にうねりが出る様になってしまった方も少なくないのではないでしょうか?

その場合は遺伝などが関係しているのではなく、生活習慣などの影響でうねりやくるくるの状態にしてしまっていることがあるんです!

ここからは、後天的に起きるくせ毛の原因をご紹介したいと思います。

加齢によるもの

人は年齢を重ねると次第に皮膚を支える筋力が衰えてしまったり、肌の水分量が低下するなどして皮膚がどんどん垂れ下がり、いわゆる「たるみ」を引き起こします。

たるみというと、顔や二の腕、お腹などを連想する方が多いかもしれませんが、実は頭皮にもたるみは起こるんです。

若いころはたるみが無く真っすぐだった髪の毛も年齢を重ねる事で頭皮がたるんでしまい、毛穴が変形して髪の毛にうねりを起こす場合があります。

元々くせ毛の方は年齢によってどんどんくせ毛が強くなる事もあるので、頭皮のエイジングケアが大切になってきます。

ホルモンバランスの崩れ・成長による髪質の変化

昔は直毛でも、歳を重ねるごとにくせ毛になるという方はホルモンバランスの影響が大いにあります。

元々髪質が細くて柔らかい状態だったのが、成長期に入って体の成長と一緒に髪質に変化が起きたと考えられます。

成長するにつれて髪質が太くなり、目立たなかったクセがはっきりと分かる状態になってしまったという事です。

女性の場合は、生理の始まる頃にホルモンバランスが変化してきます。そうするとそれまで直毛だった人が突然くせ毛になる事があります。

出産後は、妊娠中に乱れたホルモンバランスが元に戻る過程で抜け毛やくせ毛の症状が出る事の方が多い様です。

ちなみに成長期のホルモンバランスの変化により、逆にクセが弱くなったという人もいます。

極端なダイエットによるもの

過度なダイエットによって頭皮に栄養が行き届かず、血行不良になってくせ毛になる事があります。

また、ダイエットによって髪は細くなり、リバウンドすると髪も 太る事になります。

この様な事を繰り返していると、くせ毛になってしまいます。

老廃物の蓄積によるもの

人間の身体は、体内は弱アルカリ性、皮膚は弱酸性にすることで老廃物を外へ排出します。

しかし、あまり品質のよくないシャンプートリートメントを使用していると頭皮がアルカリ性に傾き、老廃物が排出されなくなり、髪を圧迫してくせ毛になってしまうこともあります。

不規則な生活習慣によるもの

脂っぽいものを中心に、お菓子やファーストフードばかり食べている場合、皮脂の分泌量が増えてしまいがちになります。

通常よりも多く分泌された皮脂は、毛穴の中に詰まって毛穴の形をいびつにしてしまい、結果としてうねりを引き起こしてしまうので、もし思い当たる方は気を付けましょう。

また、夜更かしによる睡眠不足は、頭皮の栄養不足や血行不良に繋がり、結果としてくせ毛になることがあります。

まとめ

生まれつきではなく、頭皮の汚れや毛穴の詰まりでゆがみが生じている場合は、頭皮環境を良くすると毛穴のゆがみが解消できるので、くせ毛を改善することができるでしょう。

髪の栄養は食べ物から取り込まれるので、規則正しい生活で栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

また、適度な運動を習慣にすることで血行促進になり、頭皮や毛根に栄養が行き渡ります。

睡眠も大切です。十分な睡眠を摂り 、ストレスをためない生活を心がけましょう。