就活や実習も終わったことだし、髪を明るくしようとしているあなた!

黒染めしてから時間も結構経っているし、普通にカラーをしようと思っていませんか?

一度でも黒染めの経験があると、次回以降のカラーにかなりの影響が出てしまうんです。

 

ヘアカラーが明るくならないのは過去にした黒染めが原因かも。

 

黒染めしてから数か月経っていてもまだしっかり色が残っている場合は、黒染めの色素が残っている状態なので一度ブリーチ(脱色)を施さないと明るくするのが難しくなってしまいます。

さらに、ブリーチ(脱色)をしても色素が抜けない頑固な黒染めの場合もあり、ただ髪の毛がダメージを受けてしまうだけになってしまいます。

一般的に言う黒染めは白髪染めと同様の薬剤を使用するのですが、一度白髪染めをすると伸びてきた根元以外は明るくなってくる事はあっても白に抜けきることはほとんどありません。

それ程強い薬剤を使用していることになります。

その為、黒染めも白髪染め同様に色素が非常に抜けにくくなります。

それ程黒染めは次回からのヘアカラーに影響が出てしまう厄介なものなのです!

という事で、美容師の本音を言うと黒染めは出来るだけしたくないんです…

 

次回からのヘアカラーに影響が出ない様にするには?

 

セルフカラーでの黒染めは避ける

「でも黒染めしないわけにはいかないし…」

といった状況もよくわかります。

まず、黒染めのセルフカラーは絶対に止めて下さい。

美容院でのヘアカラーよりも手頃で手軽に出来ますが、必ずと言っていいほどムラになってしまいます。

美容院でのヘアカラーの場合は、髪質、髪の状態、根元や毛先などで薬剤を塗り分けて全体を均等な色に仕上げているのですが、セルフカラーの場合はそれが難しく、一見キレイに黒く染まっていても、場所によって染料の入り方が違います。

その為、髪の場所によっての染料の入り方の違いが明るくしたときにムラになってしまうのです。

一度ムラが出来てしまうと、完全に取り除くのは美容師でもとても難しい技術です。

そして明るくカラーする場合は、セルフカラー、美容院に関わらず過去に黒染めをした経験があれば、1ヵ月でも半年経っていても必ず以前のカラー履歴を美容師に伝えることが大切です。

状況によって使用する薬剤が変わってくる為です。

 

必ず美容院で黒染めをしましょう

美容院に来てもらったからには、きっちりプロの黒染めをします。

プロの黒染めとは、やっぱり茶色に戻したいときに元に戻せる黒染めです。

セルフで黒染めをしていると、元に戻すのは本当に大変です。

大変と言うよりも、不可能、手の施しようが無い状態の場合もあります。

市販の黒染めをやってしまった場合は、茶色に戻すことは諦めて下さい。

(美容師としてもなんとかしてあげたいのは山々ですが、本当に厳しいです。)

 

まとめ

 

結局のところを言うと、黒染めはなるべくやめましょう。

仕方なく黒染めをしなければならない場合は、美容室で相談することをおすすめします。

明るくするのは大変ですが、一生懸命頑張ってやります。

学生さんは、間違っても、勢いで髪を染めてしまって、学校で怒られて黒染め…という状況は避けましょう!

黒染めも髪色を戻すのも必ず美容院へ!

NO IMAGE

大阪・南堀江の美容室 NOTOMANIA (ノトマニア)

大阪・南堀江の美容室 NOTOMANIA (ノトマニア)では
お客様1人1人の「頭の形」「顔の形」「趣味・嗜好」「雰囲気」に合わせて
あなたに似合う【髪型・カットスタイル】をご提案させて頂きます。
髪の毛のダメージが気になる方には
「髪質」「ダメージレベル」「ご要望」に合わせて
最新の【ヘアカラー剤・パーマ剤・トリートメント剤】を使用し
あなたのなりたい髪の毛に近づけます。
まるで家にいるようなリラックスした空間で
「知識」と「経験」を持った担当者が
【あなたの魅力を最大限に引き出す】お手伝いをさせて頂きます。

CTR IMG