みんなが気になる抜け毛の対策!~産後の抜け毛編~

真剣に悩まれている方が多い女性の産後の抜け毛ですが、対策があまり知られていなかったり、そもそも抜け毛がおこりやすいことを知らない人も見かけることがあります。
抜け毛には様々な種類がありますが、今回の産後におこりやすい抜け毛は限定された期間のみにおこるものですが、それでも急に大量の抜け毛がおこると不安になると思います。
なので本日は産後によくおこる抜け毛の原因と対策について詳しく学んでいきましょう。


抜け毛の原因となっているのは女性ホルモン!


産後、女性の半数以上が経験すると言われている抜け毛は、「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」とよばれているもので、産後2か月ごろから始まり、髪の毛が大量に抜けたり、細くなってしまうといった症状がでます。
産後役1年ほどで自然に治っていく現象なので、そこまで心配をしなくても大丈夫です。
抜け毛の1番の原因になっているのは、産後急激に女性ホルモンが減少してしまうことにあります。
妊娠中に女性ホルモンが通常以上に分泌され、出産に近づくにつれてその量がどんどん増えていくのですが、産後一気に通常の分泌量に戻るために、抜け毛が発生してしまうのです。
女性ホルモンは髪の毛と深い関係があり、抜け毛を防ぐ役割があります。
妊娠期間中に通常量以上分泌されていた女性ホルモンは本来抜けるべきサイクルになっていた髪の毛をとどめてしまいます。
ですが、出産後一気に女性ホルモンが減少することによってとどめられていた髪の毛が全て抜け落ちてしまうのです。
これが産後の抜け毛がおこるメカニズムになっています。
また育児による疲れや、母体の体力低下なども重なるために、抜け毛がさらに増えやすい状況になるのです。


抜け毛がおさまるまでの期間にすべき対策!


1年ほどで治る症状ですが、一部分がごっそり抜けてしまったり、薄くなってしまったのが気になってしまう等の悩みがでてしまうと思います。
この抜け毛は抜けた場所から新しい髪の毛が生えてくるので生やすことよりも、早く育てて伸ばすことが必要です。
効果的な方法としては育毛剤や育毛効果のあるシャンプーなどを使用することがあげられます。
最近は女性用の育毛剤が増えてきており、男性だけのものではなくなってきていますし、女性のための育毛シャンプーの需要が増えてきているため、使用に抵抗感をあまりもたずに取り入れてみてはいかがでしょうか?
また余裕があるのであれば、食生活で少し工夫してもらいたいのが、タンパク質、亜鉛、鉄といった栄養素を多く取ることを意識してください。
これらは、育毛効果を促進してくれる役割があります。
充分な睡眠時間をとることや、ストレスをなるべく減らすことも効果がありますが、周りの協力がなければ難しい点も多々あるかと思います。
できれば旦那さんやご家族に協力をお願いして子育てや家事の負担を少しでも減らすことができれば効果的でしょう。


まとめ


育児と重なり、あまり自分のための時間がとれない中の抜け毛はかなり不安になると思います。
1年で自然とおさまっていく現象ですが、まれに他の要因も重なって抜け毛の量が減らないことがあります。
もし抜け毛が1年以上たってもおさまらず、量も変わらない場合は産婦人科で相談しましょう。
抜け毛の原因が他にもある可能性が高いため専門的な治療が必要な場合も出てきます。
旦那さんやご家族に協力してもらい、早く不安から解放されるよう頑張りましょう。

Pocket