ヘアカラーの髪色が黄色くなってしまう・・・その原因と対処法

ヘアカラーが抜けて黄色くなるのが嫌!!
というお悩みの方はいらっしゃいませんか?

その悩みの原因は、その人の髪のアンダーカラーが関係しています。


ヘアカラーが褪色した時に黄色くなってしまう原因とその対処法


黄色味が出やすいのは、地毛が真っ黒ではなく少し茶色っぽい人に多く見られます。

髪質で言うと、細くて柔らかい・カラーリングで明るくなりやすい・カラーがすぐに褪色(色落ち)してしまう。といった人に多いでしょう。

日本人の地毛の黒髪は、赤と青と黄色の色素が混ざって黒に見えています。
すぐに黄色っぽく明るくなってしまう!という人は、地毛の色素に黄色が多く含まれています。

カラーが褪色した時の色がアンダーカラーと呼ばれ、黄色く褪色する人は「イエローベース」の色素を持っています。

では、そのようなイエローベースでカラーの褪色が早く黄色味が出やすい髪質はどうしたらそれを防ぐことができるのか?

黄色味が強く出てしまう髪質には、希望の色に黄色の補色(反対色)である紫色を少し混ぜて黄色を抑えます。

補色とは。
色相環で正反対に位置する関係の色のことを示します。
(「赤→青緑」 「黄色→紫」 「オレンジ→青」)
補色を使用してアンダーの色を打ち消し無彩色に近づけます。

ということで、黄色にしたくない場合は紫色を使います。

希望の色がナチュラルブラウンである場合、ブラウン単色だと黄色っぽいブラウンになってしまいます。
その為、希望の色に黄色の補色である紫を混ぜて黄色味を打ち消しツヤのあるナチュラルブラウンに仕上げます。

また、希望の色がアッシュ系カラーの場合も同じです。
アッシュ系のカラーは、青系や緑系の色素を持つカラー剤で染めることが多く、黄色くなっている髪に単色で染める髪色が真緑になりすぎたり、濁ったような髪色になってしまう可能性があります。

その為、ベースの黄色味を少しの紫で消して無彩色に近づけ、希望のカラーをキレイに発色させます。

絵の具と同じでカラーは混ぜすぎると濁ってしまうので、アンダーカラーを抑えてカラーリングをします。

また、黄色くなる原因は色落ちにもあります。

なぜ色が抜けて(褪色)しまうのか。
特に、褪色して黄色くなってしまう髪質は、褪色のスピードもはやい傾向にあります。

褪色を防ぐのには、カラーリング後のケアが重要です。

ヘアカラーは、毎日のシャンプーや紫外線によって徐々に褪色していきます。

カラーを長持ちさせるためのケアとしては、シャンプー選びも大事です。
洗浄力の高いシャンプーは、カラーの染料まで洗い流してしまいます。
ヘアカラーをしている髪には、アミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

他のコンテンツでも何度も書いておりますが、お風呂上りに濡れたまま放置するのはキューティクルが開いた状態で最もカラーが抜けやすい&傷みやすい状態です。
お風呂上りは出来るだけ早く乾かしてあげることがとても大切です!

乾かす前には、オイルやミルクなどのアウトバストリートメントを付けてドライヤーからの熱ダメージや乾燥を防ぎましょう。
また、外出前にもアウトバストリートメント、もしくはワックスやトリートメントスプレーを付けるだけで紫外線ダメージを防ぐことが出来ます。

褪色の原因はヘアダメージにあります。

カラーリング後はしっかりとホームケアをしてあげましょう!


まとめ


黄色く褪色してしまった髪は、パサついて見えてしまうのが嫌ですよね。
ヘアカラー剤で黄色くなりにくくすることも可能ですが、やっぱりキレイな髪色を保つためには日々のケアがとても大切です。
シャンプーを変えるだけでもかなり変わると思うので、自分に何のシャンプーが合うのかわからない場合は担当の美容師に相談してみてくださいね!

Pocket