【ヘアカラーの髪色が黄色くなってしまう・・・】その原因と対処法

ヘアカラーが抜けて黄色くなるのが嫌!!

というお悩みの方はいらっしゃいませんか?

その悩みの原因には、その人の髪の「アンダーカラー」というものが関係しています。

今回はこの「アンダーカラー」によって、

髪の毛が黄色くなってしまう原因と対処法をお教えします。

ヘアカラーが褪色した時に黄色くなってしまう原因とその対処法

黄色味が出やすいのは、地毛が真っ黒ではなく少し茶色っぽい人に多く見られます。

髪質で言うと、

  • 細くて柔らかい
  • カラーリングで明るくなりやすい
  • カラーがすぐに褪色(色落ち)してしまう

といった人に多いでしょう。

髪の毛には「メラニン色素」と呼ばれる、「元々の地毛に含まれる色」が存在します。

この「メラニン色素」に含まれる色の特徴によって、その人の「地毛の色」が決定します。

日本人の地毛の黒髪は、「赤色と青色と黄色の色素」が混ざって「黒」に見えていますが、

上記のような特徴を持つ髪の毛に含まれる「メラニン色素」には、

「黄色」が多く含まれている為、地毛が真っ黒ではなく少し茶色っぽく見えるのです。


ヘアカラーの原理


ここで本題に入る前に、まず知っておかなければいけない、

ヘアカラーの原理について少しご説明させていただきます。

酸性カラーや、特殊カラーではなく、

通常一般的に行われるヘアカラーの原理は、

  • 地毛の「メラニン色素」を壊す行為(脱色)
  • 地毛に「ヘアカラーの色素」を入れる行為(着色)

この2つの行為を行う事により、髪の毛を希望の色に染めあげます。

なぜ「着色」だけでなく「脱色」が必要かというと、

「脱色」を行わないと、地毛に含まれる「メラニン色素」そのままの色の上に、

「着色」を行う事になるので、仮に「メラニン色素」が「黒色」であったとすると、

「黒色」の上から希望色を「着色」する事になり、

黒っぽいだけの、ほとんど色が見えないヘアカラーになってしまいます。

「脱色」を行い、「メラニン色素」の色を薄くする事により、

その後の「着色」の色をキレイにみせる事が出来るのです。

この時「脱色」する事により出来上がった「地毛の色」が、

ヘアカラーが褪色した(色が抜けた)時の色となります。


髪が黄色くなる原因


上記で説明したように、

すぐに黄色っぽく明るくなってしまう!という人には、

「黄色」の「メラニン色素」が多く含まれます。

その為、通常のヘアカラーを行うと、

地毛の「メラニン色素」が「脱色」され、

「黒色」ではなく、「黄色」が目立つ「地毛の色」となります。

その後「着色」で入れていた色が抜け落ちると、

「地毛の色」が全体的に現れる事になり、

髪の毛が黄色っぽくなってしまうのです。

このように、ヘアカラーが褪色した時に現れる「地毛の色」を「アンダーカラー」と呼び、

「黄色」に褪色する人は、

「イエローベース」の「アンダーカラー」という事になります。


「イエローベース」の髪質の対処法


では、そのような「イエローベース」の髪質の人で、

  • カラーの褪色が早い
  • 黄色味が出やすい

といった悩みは、

どのようにすれば、防ぐことができるのでしょうか?

まず、黄色味が強く出てしまう髪質の対処法として、

希望の色に黄色の補色(反対色)である、「紫色」を少し混ぜて「黄色」を抑える

という方法が効果的です。


補色とは


色相環で正反対に位置する関係の色のことを示します。

(「赤→青緑」 「黄色→紫」 「オレンジ→青」)

簡単にいうと、「真逆の色」という事です。

この補色の効果として、正反対に位置する色を打ち消し、

無彩色(どの色にも偏っていない色)に近づける効果があります。

つまり、「アンダーカラー」が「黄色」に偏っている「イエローベース」の髪質の人には、

「紫色」を混ぜる事により、「アンダーカラー」の「黄色」を打ち消し、

「黄色」に偏っていない色を作り出す事が出来ます。


残留ティントをコントロールする


また、ヘアカラーは褪色(色が抜けた)としても、

「着色」で使用した時の「色」が全て無くなってしまうのではなく、

少しではありますが、髪の毛の内部に残っていきます。

この残った「色」の事を「残留ティント」と呼び、

髪の毛の内部に徐々に蓄積される事により、

「アンダーカラー」の色を変化させます。

例えば「赤色」のヘアカラーを続ける事により、

「残留ティント」としての「赤色」が髪の毛の内部に蓄積されていき、

「アンダーカラー」が徐々に「赤色」に偏っていきます。

そうすると、ヘアカラーが褪色した後でも「アンダーカラー」が「赤色」なので、

色抜けが目立ちにくい髪の毛になります。

逆に「赤色」から「青色」にヘアカラーをチェンジしたい時などは、

この「残留ティント」が邪魔をして、

1回ではなかなか希望色にならない事があります。

という理由で、「残留ティント」として「紫色」を使用する事により、

「アンダーカラー」が「イエローベース」の黄色っぽくなりやすい人でも、

褪色しても黄色っぽくならないようにする事が可能です。


希望色に合わせて補色をコントロールする


また、「アンダーカラー」が「イエローベース」で、

希望の色が「ナチュラルブラウン」である場合、

ブラウン単色のヘアカラー剤を使用すると、黄色っぽいブラウンになってしまいます。

その為、希望の色に「黄色」の補色である「紫」を混ぜて黄色味を打ち消し、

ツヤのあるナチュラルブラウンに仕上げます。

また、希望の色が「アッシュ系カラー」の場合も同じです。

アッシュ系のカラーは、「青系」の色素を持つカラー剤で染めることが多く、

黄色くなっている髪に「青系」単色のヘアカラーで染めると、

「黄色」と「青色」が混ざり合い、髪色が「緑色」になりすぎたり、

濁ったような髪色になってしまう可能性があります。

その為、ベースの黄色味を少しの「紫色」で消して無彩色に近づけ、

希望の「アッシュ系カラー」をキレイに発色させます。

絵の具と同じで、カラーは混ぜすぎると濁ってしまうので、

希望色に合わせて補色の配合をコントロールする事が重要となります。


色落ちを防ぐ


なぜ色が抜けて(褪色)しまうのか?

特に、褪色して黄色くなってしまう髪質は、褪色のスピードも早い傾向にあります。

褪色を防ぐのには、カラーリング後のケアが重要です。

ヘアカラーは、毎日のシャンプーや紫外線によって徐々に褪色していきます。

カラーを長持ちさせるためのケアとしては、シャンプー選びも大事です。

洗浄力の高いシャンプーは、カラーの染料まで洗い流してしまいます。

ヘアカラーをしている髪には、アミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

他の記事でも書いておりますが、

お風呂上りに濡れたまま放置するのは、キューティクルが開いた状態なので、

最もカラーが抜けやすい&傷みやすい状態です。

お風呂上りは、出来るだけ早く乾かしてあげることがとても大切です。

乾かす前には、オイルやミルクなどのアウトバストリートメントを付けて、

ドライヤーからの熱ダメージや乾燥を防ぎましょう。

また、外出前にもアウトバストリートメント、もしくはワックスやトリートメントスプレーを付けるだけで、

紫外線ダメージを防ぐことが出来ます。

褪色の原因はヘアダメージにあります。

カラーリング後はしっかりとホームケアをしてあげましょう。

ヘアケアについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【自然乾燥による悪影響とは?】髪をドライヤーで乾かさずに寝るとどうなる?

【ミルクとオイルどっちが良いの?】洗い流さないトリートメントの選び方

まとめ

黄色く褪色してしまった髪は、パサついて見えてしまうのが嫌ですよね。

ヘアカラー剤で黄色くなりにくくすることも可能ですが、

やはりキレイな髪色を保つためには、日々のケアがとても大切です。

シャンプーを変えるだけでもかなり変わると思うので、

自分に何のシャンプーが合うのかわからない場合は、

こちらの記事を参考にしてみてください。

【自分にあったシャンプーとは!?】正しいシャンプーの選び方

Pocket