髪の毛がパサパサ!原因と対処法は?

髪のパサつき

朝キレイにスタイリングをして出かけても、お昼頃にはもう毛先がパサパサになる。
そういった悩みをお持ちの女性はいらっしゃいませんか?

パサつきの原因は髪質の問題もありますが、多くがカラーリングやパーマの薬液によるものや、ホームケアを怠っている場合が多く考えられます。


髪はなぜパサついてしまうのか?


まず考えられるのが季節による乾燥です。

特に冬の時期は空気が乾燥していますね。
乾燥した空気は、お肌がカサカサになってしまうように髪の毛の水分まで蒸発させてしまい、同じようにカサカサ、パサパサ潤いが不足してしまいます。
冬は空気の乾燥もありますが、室内ではエアコンの温風が直接髪にあたり、ダメージを受けやすい季節でもあります。

乾燥して水分の少なくなってしまった髪の毛は、もろくなり切れ毛の原因に。

寒い時期はつい熱めのお湯で髪を洗ってしまうのですが、それが原因で髪の毛が乾燥している場合もあります。
熱いシャワーで髪を洗うと、熱さと水圧によってキューティクルが剥がれ落ちてしまい、それが枝毛の原因になっているかもしれないのです。

また、多く考えられるのが薬液(カラ―リングやパーマ)によるものです。

カラーリングやパーマをしていて傷んでしまった髪の毛は、髪の毛のツヤもなくなりパサついてしまいます。

カラーリングやパーマ後は、何もしないでいるとダメージは避けられません。ホームケアがとても大切です!
始めはツヤツヤさらさらでも、ケアを怠ると必然的にダメージでパサパサになってしまいます。

薬液によるダメージでパサついてしまっている髪の毛は、タンパク質が不足しています。
髪と同じ成分のタンパク質を入れ込むトリートメントがお勧めです。

そして、ドライヤーやコテ、アイロンによる熱ダメージによるパサつき。

髪の毛は、コテやアイロンの高熱によりパサつき、硬くなってしまいます。
これはタンパク変性と呼ばれるもので、髪を構成するタンパク質が熱によって変化して硬くなってしまうことをいいます。
例えば、肉や卵がよく挙げられます。熱をあたえると硬くなりますよね。

また、髪の毛に熱を加えてタンパク質がダメージを受けると、同時にキューティクルが剥がれてしまい、パサいてしまいます。

少しでも湿っている髪の毛に高熱を与えると髪の毛の様々な構造を破壊してしまいます。


パサつく髪の対処法は?


このパサつきを今どうにかしたい!
という時は、ドライヤー前後にしっとりタイプのトリートメントを毛先中心につけてみて下さい。
応急処置ですが、すぐにパサつきは抑える事ができます。

枝毛、ダメージがひどくなりパサついてしまう前のホームケアが大切です。
カラー、パーマ直後はしっかりケアしてあげて下さいね!


まとめ


髪の毛がパサついてしまっていては、おしゃれも台無しです。
毎日のトリートメントなどのケアをしっかりしてあげること、保湿をしっかりしてあげてくださいね!

Pocket