コールドパーマとデジタルパーマのどちらが自分のしたいスタイルに向いているのか!

手軽にイメージチェンジ出来るパーマ。
パーマは大きく二つに分けて2種類に分類することができます。
それがコールドパーマとホットパーマ(デジタルパーマ)です。
では、コールドパーマとデジタルパーマの違いについて説明していきましょう。


コールドパーマとは


ヘアサロンで一般的に「パーマ」と言ってかけてもらうのが「コールドパーマ」です。
濡らしたときにウェーブが強く出て、乾かすことで緩やかになるのが特徴です。メリットは、波打つようなウェーブや、しっとりとした束感、くしゅっとした無造作ヘアなど、多彩なヘアスタイルを実現できること。
髪の根元3cm程度の部分からかけられるので、ショートヘアの方にもおすすめです。
コールドパーマの持続期間は大体1~3ヶ月で、熱を使ったパーマよりも短めなので、次のスタイルにチャレンジしやすいというメリットもあります。
質感、仕上がり

  • 柔らかい質感のヘアスタイルを作るのに適しています
  • 熱を使わないので、髪の根元からカールやウェーブをつけることができます
  • 髪が濡れているときにカールやウェーブが強く出る特徴があります

こんな方におすすめ

  • やわらかい質感にしたい人
  • 根元からふんわりカールが欲しい人
  • くせ毛風のニュアンスが欲しい人
  • ドライヤーでもウェーブがつきやすく、普段からパーマがとれにくい人
  • 髪の毛が柔らかい、傷みやすい人
  • もとからくせ毛の人
  • 部分的にパーマをかけたい時

髪が 濡れた状態の時に最もカールやウェーブが強く出るので、スタイリングの際には髪を少し濡らした状態でワックスやムース等のスタイリング剤を使用すると良いでしょう。
なお、縮毛矯正を行っている場合は、コールドパーマをかけると元の髪質に戻ってしまうので注意しましょう。
一般的なパーマに比べてダメージの少ない「コスメパーマ」や「水パーマ」も、熱を使わずくせ付けするコールド系のパーマです。
コスメパーマは、パーマ剤のデメリットである独特のアンモニア臭がないことが特徴です。
水パーマは、弱いパーマ剤を蒸気の力で髪に浸透させるパーマのことで、強いカールではなく、弾力のある柔らかなパーマヘアに仕上げることが出来ます。


デジタルパーマ


デジタルパーマは、パーマ剤を使う一般のパーマの作業工程に、更に熱加工も加えたホットパーマの一種です。
熱も加えることで髪に形状記憶を与え、パーマのかかり具合を強くすることが出来ます。
このデジタルパーマの施術工程は、同じホットパーマの「縮毛矯正」によく似ています。
矯正力や髪の傷み具合に違いはありますが、デジタルパーマは くせ毛を直毛に変える縮毛矯正の「ウェーブ・カール版」とイメージしてもらえれば良いでしょう。
コールド系パーマとは逆に、乾かすことでカールが出るのが特徴です。
熱により髪がダメージを受けること、根元にはかけられないことが主なデメリットですが、乾かすだけでスタイリングが出来てしまうお手軽さが大きなメリットです。
コテを使ったような巻き髪パーマをかけたい場合におススメです。
質感、仕上がり

  • 髪にツヤとコシが出て、立体的で弾力性のあるウェーブやカールが形成されます
  • リッジ感の強いウェーブやカールになり、だれません
  • 緩い大きなカールや巻き髪のようなカールも作れます
  • ふんわりとした自然な仕上がりではなく、少し硬めの仕上がりになります

こんな方におすすめ

  • パーマがかかりにくい人
  • パーマが長 持ちしな い人、長持ちさせたい人
  • スタイリングを楽にしたい人
  • くせの強い髪、天然パーマ、硬い髪
  • 縮毛矯正をかけている人

デジタルパーマはとても長持ちです。
一般のコールドパーマの1.5倍~2倍の持続性があります。
髪のくせの強さ、美容師の技術、使用する薬剤にもよりますが、通常だと4~5ヶ月後位からウェーブやカールがとれ始めます。
完全にとれるまで長い人だと半年~1年かかります。


まとめ


髪質・髪のコンディションによってもパーマのかかりやすさは変わります。
こだわりが強い、絶対失敗したくないという人は、ヘアサロンに相談してみることをおすすめします。
どのような仕上がりを希望しているかをきちんと伝えると、イメージ通りのスタイルに仕上がるでしょう。

Pocket